適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

スマートフォン

Xiaomi Mi5を買ったらやりたい設定自分用メモ全部のせMi5 MIUI Global 8.1 Stable

Mi5 MIUI Global 8.1 Stable (8.1.2.0 MAAMIDI)での設定
どんな設定だったか忘れないように忘れないようにメモしておきます。
個人的におすすめするMIUIの設定ですが、参考程度にしてください。またバージョンによって色々細かい設定が違うので気をつけてください。


ロケール、緊急速報メール、バックアップ、アプリの自動起動や通知、ステータスバーや戻るボタンの設定などをメモしておきます。
※ロケール設定は既に公式developerROMやeu,ECRModといった日本語対応OSにしている場合必要ありません。
20170713_020105337_iOS


戻るボタンとメニューボタンの位置変更(デフォルトだと逆)
Setting>Additonal Setteing>Buttons>Navigation buttons>Back button on the let, Menu Button on the rightを選択

ステータスバーの設定
Setting>Notifications&status bar>statusbarでbattery indicatorをPercentageにしてバッテリーの%の部分を出す
その他アイコンやスピードなど片っ端からオンにする。



日本のロケールの設定(一部の設定画面の日本語化およびxiaomi純正アプリ
以外の日本語化)ほとんど英語のままです。
※既に
公式developerROMやeu,ECRModといった日本語対応OSにしている場合必要ありません。
setting>about phone> MIUI versionを10回ぐらいタップ
developperモードが使えるようになるので
setting>additonal setting>Developper options>USB debugging,USB debugging(Security settings)をオン

(USB debugging(seccurity setting)がオンにできない場合はwifiを切る

playstoreからMorelocale2をダウンロード

PCから
https://forum.xda-developers.com/showthread.php?p=48915118#post48915118
にて
15 seconds ADB Installerの最新版をダウンロード
1499920210977
これクリック
1499920249939

インストール画面ではすべてyでenter
15 seconds ADB Installerがインストールできたら、

mi5をPCに繋いで、コマンドプロンプト(管理者)かwindows power shell(管理者)起動
「」の中の文字を入力
「adb shell」
でENTER
「pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION」
でENTER
スマホでMoreLocale2起動


Japanese選択でアプリを日本語で使用できるようになる。

mi5での緊急速報メール受信設定(受信未確認)
Settings>Additonal settings>Region>台湾へ変更。
morelocale2起動。日本選択。
mi5再起動。
Settings>NETWORK>More>一番下にEmergency broadcastsが追加されていればOK。
また、Settings>Installed apps>Cell Broadcastsが見つかればOK。
時間等が日本時間でない場合、morelocale2で別の国のロケールを選んでまた日本を選択して再起動。

バックアップ

Settings>Additional settings>Backup&reset>Local Backup

常駐アプリの自動起動(自動スタートアップ)、プッシュ通知を使う方法
Setting>Developer options>Turn on MIUI optimization OFF←無駄にタスクキルするのを防ぐ。(自動起動使うだけならオフにしなくていい。)

Setting>Notifications&status bar>App notifications>PriorityとかLockscreen notificationsとか

Setting>Battery&performance>Manage apps'battery usage>Choose  apps
アプリ選択して、No restrictionsに

Setting>permissons>Autostart>必要なアプリ選択

タスクキラー系アプリの例外の設定方法
メニュー画面やデフォルトのセキュリティアプリでできるタスクキルボタンを押した時にadguardを消滅させられて悲しい思いをしたので書いておきます。
1,常に常駐させたいアプリ起動
2,一旦ホーム画面に戻る
3,メニューボタン(ホームボタンの左右どちらかにある戻るじゃない方)をタップ。
4,タスクキルされたくないアプリを下に引っ張る。
5,LockとInfoが出てくるのでLockをタップ。
もう一回消せばまた消せるようになります。



AssistiveTouchと同じような機能
Settings>Additional settings>Quickball


スクリーンショットの方法
電源ボタン+音量下長押し
Quickballから
Settings>Additional settings>Screenshot>slide threefingers to take a screenshotをオンで三本指で下にスワイプ
ただし3本指操作のブラウザのジェスチャーやゲームの反応が悪くなる。


あとは適当にブラウザ経由でAdguardとか入れる。ユーザースクリプトは適当に拾ってくるか280ブロッカーのやつ(自動起動やタスクキル防止を設定しておかないとわざわざアプリを起動する必要が出てくるので注意。)
Adguardを入れたらこのブログの邪魔な広告が全部消えるよ!有能!!

カスタムromやアプリの広告削除、プラスエリア化などする場合はあらかじめmiアカウントを作っておいてブートローダーアンロックの申請をしておく。
安全のためにバックアップも必須


ケースとフィルムが付いてくる便利なやつ。ただし上下、ボタンはノーガードなので本体アルミは傷だらけ不可避。フィルムは傷がすぐつく。なんで売れてるかわからない定番製品。本命が中国から届くまでの繋ぎ。早く届くことが最大のメリット。ケース届くのが待ちきれない人におすすめ。




同じ会社でもこのフィルムは品質が良いらしいです。GearBestなら尼の半値で買えます。誰か使い心地教えてください。




スポンサーリンク

【レビュー】ポケモン好き必見!RAVPower モンスターボールiPhone7保護ケース

今回紹介するのは、「RAVPower モンスターボール iPhone 7 Plus ケース ( リングホルダー付 落下防止 衝撃吸収 ) iPhone 7 Plus / 6s Plus / 6 Plus 対応 保護バンパー 」です。

ポケモンの20周年記念製品の一つみたいです。このデザインに惹かれてポチってしまいました。

20170622_090235599_iOS

20170622_090300984_iOS
20170622_090335557_iOS
RAVPowerという海外のメーカーですが、小学館のシールや任天堂、ポケモンなどの登録商標がしっかりと書かれている正規ライセンス品です。信頼できます。

20170622_090345615_iOS
箱から出しましたが、背面と内側のどちらにもモンスターボール風の色がついているのでびっくりしました。スマホを付けたら見えない部分にもこだわった製品ですね。

このiPhoneケースはTPUという衝撃を吸収する樹脂で出来ているので落としたときの衝撃に強そうです。
20170622_090354843_iOS
なんか輪っかが取れました。壊れたかと思いましたが、仕様で、リングホルダーと言うものらしいです。
この部分に指を引っ掛けて持つことで、スマホを落とすことを防止できるみたいです。すごい!

20170622_090405897_iOS
しかも360°回転可能!!好きな向きに変えて持ちやすい持ち方ができます。

360°回るということは...
71
こうやって立てかければ
72
73
スマホでいい感じの角度に向けてyoutubeが見れる!!これは便利!

20170622_093610786_iOS
iPhone7用ですが、iPhone6sやiPhone6でも使えるようにイヤホンジャックの部分に穴が空いています。
20170622_093615343_iOS
20170622_093620415_iOS
ちゃんと出っ張りがボタンの位置についています。


装着した状態で背面から見ると...
20170622_093557834_iOS
残念!!iPhone7はカメラ部分が大きく、iPhone6sは小さいのでiPhone6sでこのケースを装着すると少し残念な見た目になりますが、iPhone7ならフィットします。


総評価
ポケモンのモンスターボールのデザインというだけで買う価値がありますが、TPU素材で衝撃に強く、落とすことを防ぐリングホルダー付きでしかも立てることができ、Youtubeなど動画の閲覧にも向いています。

カッコイイだけでなく実用的なこのiPhoneケースはポケモントレーナーでなくてもおすすめできる良いケースです。

スポンサーリンク

【レビュー】2万円以下の格安デュアルシムスタンバイ対応スマホ「g07」


今回はコスパの良いデュアルシムスタンバイ(DSDS)対応のスマートフォンg07について紹介していきます。
S__7823600

スペック
  • Android6.0
  • CPU MT6750T
  • ROM 32GB
  • RAB 3GB
  • microSDXCカード対応(ただしnano-SIMスロットが消滅する)
  • USB Type-C
  • バッテリー3000mAh
  • 画面サイズ 5.5インチ(IPS)1920x1080
  • bluetooth 4.1 +HS
  • テザリング可
  • LTE対応
  • 無線規格802.11 a/b/g/n
  • 背面カメラ1300万画素
  • 前面カメラ800万画素
  • フラッシュ機能
  • GPS対応
  • 照度センサー
  • 指紋認証
  • デュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)対応!! (nano-SIM/micro-SIM)
  • 150g

Dragontrailガラス採用

日本の旭硝子が開発した強化ガラス、耐傷性に優れているだけでなくつややかなビジュアルを実現する気がする。


ストラップホール

今時のオサレなスマホにはついてない便利機能。裸ユーザーならついていてほしいと思う人もいるはず。


対応エリア
■LTE
B1(2100) / B3(1800)
B8(900) / B19(800)
■W-CDMA
B1(2100) / B6(800) / B8(900)
■GSM
850 / 900 / 1800 / 1900 MHz


auでよく使われるCDMA2000に未対応。au系回線で通話は出来ないと思うべき

B18にも対応していないのでauのLTEも入りにくい。

※姉妹機であるg07+だとauの周波数にも対応しているみたいです。


S__7823599
裏面

カメラはなんか出っ張っている。カメラは意外と性能がいい。

指紋認証はよくある中華スマホと同様な見た目、同様な配置、反応速度は早い。

S__7823598
純正ケースに取り付けたところ。こうしてみると没個性でよくあるスマホという感じがしてきます。axon miniぐらい自己主張が激しいデザインしていたらレビューしやすいのですが...


遠目に見たらなんのスマホかわからないですが、格安スマホの世界は見た目より中身です。


総評価

良い点

  • 安い
  • デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)で格安運用できる
  • 無駄に性能の良い指紋認証
  • type-Cケーブルが刺しやすい。
  • ストラップホール付きで扱いやすい
  • 安いのにGPS対応で地図アプリが使いやすい

ダメな点

  • 没個性な見た目
  • au回線との相性が最悪
  • usb type-Cで充電ケーブルが特殊

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)がついているだけで買いです。CPU性能はaxon miniより若干良い程度ですので重いゲームをやらなければ普段使いには困らないでしょう。ストレージ、メモリ共に十分余裕があるのでそれほど容量を気にしなくてもいいです。


カメラはソニー製のイメージセンサー、ガラスは旭硝子のDragontrail採用と日本製部品が多めだと思います。そういった意味でも良い製品かなあと感じました。


ワンセグや防水、おサイフケータイ、などは対応していません。これを買おうと考えている層にとっては初めから期待はしていないと思いますが、無いです。値段的にも仕方がないです。


安価で電話だけのSIM、ネットだけのSIMみたいに複数回線を同時運用できる端末は限られています。スペック、価格などすべてを考慮すればDSDSとしては唯一無二のコスパであるといえます。




上位互換。IGZOディスプレイとau回線(CDMA2000)対応。多分こっちのほうが長く使える↓










スポンサーリンク

【レビュー】今だからこそ買いたいZTE AXON mini SIMフリースマートフォン

結構前に買った中華スマホであるZTE AXON mini。

久しぶりに価格を見たらかなり値下がりしていて驚きました。

なんと14,800円(2017/05/06)!!

実際に使用して何不自由なく動作し、ゲームだろうがVRだろうがとりあえず動く良端末なので紹介したいと思います。
20170508_075650931_iOS
致命的なまでに写真の写り方が悪いです。ごめんなさい

※5/8写真を差し替えました。
差し替え前はコレ
スペックは
OS:Android 5.1
CPU:Qualcomm Snapdragon 615
容量:ROM 32GB
メモリ:RAM 3GB
バッテリー:2800mAh
画面サイズ:5.2インチ1920x1080
パネル種類:有機EL
Bluetooth 4.1
テザリング、LTE対応
無線規格:802.11 b/g/n/ac(2.4GHz,5GHz両対応)
背面カメラ:1300万画素
前面カメラ:800万画素
撮影用フラッシュあり
GPS対応
ハイレゾ対応(
旭化成エレクトロニクス(AKM)製のオーディオチップAKM4961を採用)
加速度、ジャイロ、地磁気、照度、近接センサーあり
指紋認証
デュアルSIM(国内使用の場合実質一つ。もう一つのsimは代わりにmicroSDカードを入れます。)
132g

とりあえずアプリで不具合が発生しづらくてカメラの性能がまあまあ良くハイレゾ音楽が聞けて、なんか画面が綺麗に映るPokemon GoやVRゲームがちゃんと動くスマホという認識でいいです。


20170508_073800675_iOS
iphone6sと互角かそれより早い気がする指紋認証がついています。
背面は上下のアンテナ部を除く大部分がアルミニウム製で、Designed in the USAと書かれています。

アンテナ部といい正面のスピーカ部といい謎の装飾がついているのが面白い製品です。
悪趣mini(axon mini)という悪口を言う人も居ますが...
。少なくとも人のスマホと見間違えることが無いという意味では良いやつです。
20170506_105300586_iOS
見れば分かるんですけど本当に薄いんですよね。重さも132gしかないのでiphone6sの143gより軽いです。


性能も、初心者のためのVRゴーグル(VRメガネ)の使い方とかでちょくちょくでてきたんですけどそVRの動画やゲームを動かすことができるぐらい性能が良いです。

確かにギャラクシーやエクスペリアみたいな高級なスマホと比べたら性能が低いですが、サブ用の端末としてはかなり良い製品です。

ちょうど安くなっていて手が届きそうな価格なので買ってみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • Amazonギフト券5000円分購入で最大1000ポイントゲットのチャンス~7月17日
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
amazonアソシエイト