適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

スマートフォン

Nexus 5にAndroid9を入れてみた(日本語、Magisk,Xposed導入まで)

Nexus5を手に入れたのですが、最新バージョンが6.01で微妙に古いので最新版にアップデートしました。何番煎じか分からないネタですが覚書として残します。
Screenshot_20190702-130722

必要なもの

・ADB環境一式
良くわからない場合「15 seconds ADB installer」ってやつ入れればいいです。


・TWRP
特に何か不具合がなければ最新版を使用します。今回は3.3.1.0。
C:\adbにダウンロードしたtwrp-3.3.1-0-hammerhead.imgを入れておきましょう。

・書き込むイメージ(OS)
LineageOS入れようと思いましたがUnofficialしかないし、なんか流行ってるみたいなのでこれ入れます。rar形式ではそのまま使えないので解凍しておきます。


ブートローダーの起動方法

電源を切った状態で音量下+電源長押し。

手順
1,設定>バックアップとリセットからデータの初期化してスマホのデータをすべて削除。
2,設定>端末情報>ビルド番号を5回以上タップで開発者向けオプションを出す。(設定に戻ると追加される)
3,設定>開発者向けオプションからUSBデバッグをオン。PCにつなぎ、接続を許可。コマンドプロンプトを起動。
4,「adb reboot bootloader」再起動してブートローダー起動
5,「fastboot oem unlock」ブートローダーアンロック。スマホ操作で音量の上下でYesに、電源クリックで選択。
6,「fastboot flash recovery twrp-3.3.1-0-hammerhead.img」でTWRPを導入する。
ミスして再起動した場合
「cd c:\adb」でエンター
fastboot devicesでエンター後「6」からやり直す。

7,スマホの音量ボタン操作でRecovery modeを選択。電源で起動。
8,TWRPが起動したら、スワイプで開き、backupからデータをすべてバックアップ。USBストレージ経由でパソコンに移動させておく。
9,USBストレージからROMを移動。TWRP>BACKUPS>謎の文字列>ここ←に解凍したROMを置く。
10,wipe>swype to factory resetをして戻る。
11,Restoreからromを選択してリストア。
12,再起動で完了。Android9になってます。

firsteverOSの導入が完了すると、magisk済の状態になります。デフォルトで英語ですが、system>languageで日本語を選択すればすべて日本語になります。

Xposedについて
2019/07/02時点で、EdXposed Installer v2.2.4最新版の動作を確認しています。
magiskにて「Riru – Corev19」と「Riru -EdXposedv0.4.5.1_beta(4463)(Sandhook)」をインストールした後、下記のURLから本体をインストールしましょう。
スポンサーリンク

TWRPでバックアップ時にERROR: 255で中断される問題の解決法

TWRPでバックアップ時にextractTarFork() process ended with ERROR: 255と出て中断される問題の解決方法をメモします。

Xiaomi mi5とZTE Axon miniでこのエラーに遭遇しました。いずれもsystemのバックアップ時に中断されました。

通常この場合はフルワイプし、バックアップからリストアするか新規にromを焼くかのいずれかで解決します。
ですが、ZTE Axon miniの場合正式な日本語ROMが無い上に、フルバックアップをリストアしても同様のエラーが発生しました。
しかし、簡単な方法で解決ができました。

方法
1,フルワイプする。
2,リストア時にsystemだけリストアしない。
以上です。
systemだけリストアしない場合、起動時にsystem imageからsystemが再構成されるので、エラーも修正されるみたいです。dataもそのままなのでデータが消滅することもありませんでした。

この問題の原因は恐らくTWRPでバックアップやリストア中にキャンセルをしたことが原因です。たぶんそのときにエラーが発生したのでしょう。

今回は、systemが原因だったので解決できましたが、dataやsystem imageなど重要なファイルのバックアップ時やリストア時にエラーが発生した場合、解決が難しいと思います。常日頃からのこまめなバックアップは大事ですね。



スポンサーリンク

iOS11でiTunesでバックアップから復元できない場合の解決方法

今回は短い記事です。

この時期iPhoneをMNPで乗り換えたり新しいiPadを購入してデータを移し替えたりする機会が多いと思います。
そんな時、「iTunesでバックアップを取ったにもかかわらず復元できない。」といった問題が発生したら大変ですよね。

今回は、iTunesバックアップから復元する際に、「エラーが発生したため、iPhone”端末名”を復元できませんでした。」と表示され、途中で止まってしまう問題について取り上げます。


この記事はiOS11.26で検証したデータに基づきます。

BlogPaint

私は以前からiPhone、iPad関係なくこのエラーが頻発し、なぜ復元できないんだと悩み、appleサポートに連絡しても結局解決方法は見つからずじまいでした。

ですが、最近iPadを買ったときに色々試したところ、解決することができました。

方法は簡単。「ファイラー系アプリからファイルを削除してからバックアップを取る」です。

ファイラー系アプリというのは、iTunesで同期をした時に左の方に出てくる”ファイル共有”の中に入っているアプリのデータです。

1522508350264

代表的なものだとClipboxやDocuments、Wordですね。この辺りのアプリに入っている音楽、映像、画像、ワードファイルなどデータ全部を削除すればいいです。

細かい理由としては日本語ファイル名がバックアップに悪影響を与えているとかどうとか諸説あるらしいですが、全部消せば問題ないです。

ただし、削除する前に必要なデータはパソコンに避難させてください。でないと泣くことになります。

すべてのファイラー系アプリからデータを削除し終えたら、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックし、「このコンピューター」に「今すぐバックアップ」してください。

これでエラーが発生しないバックアップができます。

削除したデータに関したは、バックアップから復元をしたあとに”ファイル共有”にまとめてドラッグアンドドロップで突っ込めばもとに戻ります。

ただし、元の端末を持っていない状態でなおかつ
「エラーが発生したため、iPhone”端末名”を復元できませんでした。」と表示された状態の場合、

手遅れ
なので諦めてiCloudからバックアップを復元しましょう。





スポンサーリンク

Xiaomi Mi5にXposedを入れてみる。(android6.01MIUI ECRMod8.1.4.0)自分用メモ

developer版のやつをmi5に入れていたのですが、自動アップデートとTWRPの相性が悪かったのか文鎮化したので代わりにECRMod8.1.4.0を導入して、ついでに「Xposed」と言うものを試してみました。

しかしあれですね。ぶっちゃけカスタムロムだろうがdeveloper版だろうが使い勝手はあんまり変わらないので(安定性とプリインアプリぐらいの違い)MIUI系ならどれ使っても良さそうですね。
しかし、「Xposed」はまだAndroid7への対応が試験段階であまり信頼性が高くないのであえてandroid6.01であるECRMod8.1.4.0とそれに適したフレームワークなどを試してみました。

Xposedをインストールするための条件

1,ブートローダーアンロックがされていること
2,TWRPなど(カスタムリカバリ)が導入されていること
3,root化されていること(SuperSUなど)
上の3つを満たしていないとインストールすらできないのでハードルが高いです。
失敗する可能性も高いのでバックアップを忘れずにしましょう。

①、Xposedをダウンロードする。
以下のリンクから、 「 XposedInstaller_3.0_alpha4.apk」をダウンロードする。
https://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=3034811


②、MIUIで使えるように調整されたXposedのフレームワークをダウンロードする。
https://forum.xda-developers.com/xposed/unofficial-xposed-miui-t3367634
android6なのでsdk23,snapdragon820搭載機なのでarm64,MIUIなのでMIUI-edition

xposed-v◯◯-sdk23-arm64-MIUI-editionなら使える気がする。とりあえず新しいやつ入れると良いかも。

③、Mi5本体にダウンロードしたファイルを移動させる。

④、
フォルダからそのままXposedInstaller_3.0_alpha4.apk選択してインストール

ホーム画面に「Xposed Installer」が増えているのを確認したら、電源を切り、電源+音量上ボタン長押しでTWRP起動

xposed-v◯◯-sdk23-arm64-MIUI-editionをインストール。
追記、上書きインストールできるので間違えて古いの入れても大丈夫でした。

準備が完了したので、「Xposed Installer」のダウンロードから好きなモジュールを手に入れて使いましょう。

モジュール導入例

試しにみんな大好きminminguardを導入してみます。アプリ内広告を一掃してくれるモジュールです。

「Xposed Installer」の中からでもダウンロードできますが、自分の環境ではうまくいかないのでブラウザから落とすのが一番速かったです。

http://repo.xposed.info/module/tw.fatminmin.xposed.minminguard

方法は簡単。.apkファイルをダウンロードして、インストールし、
「Xposed Installer」からモジュールにチェックを入れて再起動するだけ。ココまでたどり着けた人なら難なくできるでしょう。

おすすめのモジュールはChromePie,MinMinGuard,YouTubeAdAwayです。
システムを弄るならxMIUI,root化で出来ないゲームが有るなら
ANRCを入れると良いです。


全然関係ないけどおすすめのフィルムとケース。安いのでフィルムの方はいくつも買い貯めしておきたい。

Gearbest TOCHIC XiaoMi Mi5 Tempered Glass Film  -  TRANSPARENT 17
TOCHIC XiaoMi Mi5 Tempered Glass Film - TRANSPARENT

Gearbest Luanke Back Case for Xiaomi Mi 5  -  BLACK
Luanke Back Case for Xiaomi Mi 5 - BLACK

スポンサーリンク

xiaomi mi5 root化とTWRP使い方自分用メモ手順のみ

完全にメモなので見ても参考にならないかもしれません。

↓の手順で15 seconds ADB Installerを導入してある事が前提です。

Xiaomi Mi5を買ったらやりたい設定自分用メモ全部のせMi5 MIUI Global 8.1 Stable



1,適当に一番新しいSuperSUを拾ってくる。
https://forum.xda-developers.com/apps/supersu
2,一番新しいTWRPを拾ってくる。
https://dl.twrp.me/gemini/
3,SuperSUはzipのままスマホに取り込んでおく。Downloadフォルダとかに入れておいた。
4,スマホの電源を切ってボリューム下と電源長押でFastbootで起動。
5,コマンドプロンプトを使うのでTWRPのファイルは短めの名前にしておくと楽。aaa.imgなど
15 seconds ADB Installerとかを使った後だと、C:\の下にadbと書かれたフォルダがあるのでリネームしたaaa.imgを突っ込んでおく。
6,管理者権限でコマンドプロンプトを起動
cd c:\adbでエンター
fastboot devicesでエンター

変な文字列とfastobootという単語が出てきたら
fastboot flash recovery aaa.imgでエンター
fastboot boot aaa.imgでエンター
そのうち勝手にスマホの画面が切り替わり、TWRPが起動する。失敗してるとなにも起きないので、
ファイル名や位置、使ったTWRPのデータを確認してやり直す。

7,TWRPが起動したらとりあえず日本語に切り替えて、チェック入れたりスライドしたりしておく。
8,インストールからSuperSUのファイルを選んで、スワイプしてインストール。その後に再起動。
root化されていればホームにアプリが増えているので成功。

TWRPは電源を消した状態でボリューム上と電源長押しで起動できる。


慣れればほとんど時間がかかりません。windows10を使っているならPowerShellがおすすめですね。全部コピペで入力できます。

あとTWRPで一番使う機能はバックアップだと思います。ROM焼きやアプリ導入でデータが良く吹っ飛ぶのでバックアップ必須です。mi5はSDカードがないので外部にバックアップを取るためにはUSBtype-C変換アダプタや対応のUSBメモリやSDカードリーダーがあるといいですね。

USB C 変換 アダプタ RAVPower 3個セット USB-C アダプタ ( Micro USB to USB-C 2個 + USB A 3.0 to USB-C 1個 / 急速充電対応 / 高速データ転送 ) MacBook Pro / Xperia / スマホ / タブレット 各種対応





スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • 【レビュー】ORICO Type-C 2.5インチ HDD / SSD ケース(クリア)
  • 【レビュー】ORICO Type-C 2.5インチ HDD / SSD ケース(クリア)
  • 【レビュー】ORICO Type-C 2.5インチ HDD / SSD ケース(クリア)
  • 【レビュー】ORICO Type-C 2.5インチ HDD / SSD ケース(クリア)
  • 【レビュー】ORICO Type-C 2.5インチ HDD / SSD ケース(クリア)
  • 【レビュー】ORICO Type-C 2.5インチ HDD / SSD ケース(クリア)
  • アマゾンギフト券5,000円購入で最大1,000ポイントもらえる~7月16日まで
  • 【アマゾン】プライム会員限定で4ヶ月99円で音楽聴き放題6/27~7/16
  • 【アマゾン】【アマゾン】プライムデーの買い物で最大5000ポイント還元7/15~7/16
amazonアソシエイト