適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

PC周辺機器

【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」

今回は、タッチパッドキーボード合体した小型無線キーボードの
Ewin® 新型 2.4GHz ミニキーボード ワイヤレス式 無線 日本語JIS配列 マウスセット一体型 多機能ボタン タッチパッド搭載 バックライト USBレシーバー付属 汎用MicroUSB充電ケーブルも付きについてレビューします。

この製品、なんで買ったかというと、中華製品にも関わらずJIS入力対応でファンクションキーやタッチパッドまでついている無線キーボードなんです。しかも暗くてもバックライトが光る!
4年ぐらい前に買ったやつは光らないしデカイしアメリカンな配列のキーボードで使いにくかったのでそれと置き換えて使います。

20171118_083140195_iOS

開封
20171118_073248159_iOS
20171118_073447635_iOS
ゆうパックで届いたせいか箱が潰れていますが中身は無事でした。
ダンボール製のいつもの箱ですね。

中身
ミニキーボードx1

bluetoothアダプターx1
USBケーブルx1
日本語取扱説明書x1
保証書x1
引用元:Ewin®商品紹介ページ
日本語の説明書がちゃんと入っていました。最近は丁寧な業者が増えてきたのでうれしいですね。
bluetoothアダプターが見当たらないように見えましたが、裏に入っていました。
20171118_073907386_iOS
20171118_073936185_iOS
バッテリー量は300mAh 3.7Vで6~20時間の使用が可能です。microUSBで充電します。

スペック

RF2.4G 無線接続 
USB 接続,プラグアンドプレイ
サイズ:20*9*2cm
重量:105g
バッテリー:リチウムポリマー電池
通信距離:10m
周波数:2.403GHz ~ 2.480GHz
動作電圧:3.7V
充電電圧:5V
充電電流:300mA
動作電流:13.5mA
無線発射率:2dbm
受信感度:-85dbm
対応OS:Android/Windows/IOS/Google/SmartTV/linux/Mac OS
PC:Win10/8/7/XP/98/vista/ME /2000/IOS/Android/Symbian/SP3/Xbox 360/PlayStation 3。
引用元:Ewin®商品紹介ページ
とりあえず列挙しただけに見える対応OSですが、USBレシーバーを経由する以上、マウスとキーボードに対応したデバイスなら使用可能だと思われます。

私が試した限り、Android(レシーバーを変換アダプタで使用したMI5,Axon Mini),Windows10のデスクトップパソコン,仮想XP32bit,surface pro2などで使用できました。

20171118_073623166_iOS
タッチパッドの操作方法は絵の通り、ワンタップで左クリック、二本指でスワイプしてスクロール、二本指でタップすれば右クリックです。
20171118_073808583_iOS
上部には物理的左右ボタンも付いていて操作性抜群です。
20171118_073737103_iOS
下にはmicroUSBの充電ポートが付いています。

20171118_073808583_iOS


使用感
では早速使ってみましょう。
20171118_091455726_iOS
電源をONにして...
20171118_091537185_iOS
PCにレシーバーをぶっ刺す。

はい準備完了。もう使えます。
CDからドライバを入れたり、ペアリング等余計な操作は一切いりません。
20171118_083140195_iOS
ファンクションキー(Fn)+@でバックライトが点灯できます。

20171118_073623166_iOS
操作の説明ですが、
左上の矢印はカーソルキー、OKはEnterキー
右上で音量、家みたいなロゴでブラウザが開きました。右の四角いのは
コンテキストメニュー(右クリックで出てくるやつ)です。
あとは見たまんまです。

青色で表示されている物はFn+キーで入力できます。
Fn+altでタッチパッド無効
Fn+Spaceでタッチパッド感度変更
Fn+@でバックライトオンオフが特別なコマンドですが他は普通です。

使ってみて

PC,Android問わずにとりあえずレシーバーを挿して電源をつければマウスとキーボードが使えるようになるというのはとても便利だと思いました。
重量が105gと軽量で、片手で持てるのもよいですね。

メリットかどうかわかりませんが、RPGツクール
やWolfエディタで作られたゲームをゲームパッドみたいな感覚で操作できるのが新しい感じがしました。


真面目な使用用途としては、パワーポイントでプレゼンをする人には特におすすめです。

同様の製品としてコクヨの「フィンガープレゼンター」のようなパワポ専用の操作機器も存在しますが、機能が限られています。
しかしこの製品はマウスやキーボードが使用できるため、プレゼン中にアクシデントが発生しても対処することができます。
さらに、バックライトがあるため、プロジェクターを使うような暗い環境でも誤操作を防ぐ
ことができます。


予想以上に便利な製品です。プレゼン機材や小型の無線キーボードに興味があればポチってみると良いと思います。




スポンサーリンク

【レビュー】カッコイイ本格的ゲーミングヘッドセット「ONIKUMA K5」

今回はゲーミングヘッドセットについてレビューしてみます。今回は、「ONIKUMA K5」についてレビューしますが、中華ヘッドセットで2000~3500円程度の製品はどれもデザインやロゴ程度しか変わらないので別の製品の購入する際にも参考になるかもしれません。
あと今回のヘッドセットは密閉式ヘッドセットです。

20170923_080845446_iOS

20170923_075201935_iOS
箱は余りヘッドセット感が出ていないロックなデザイン。K5という型番とprofessional gaming headsetという文字が強調されています。どの辺がプロ向けなのかわからないですが、性能が高そうです。
20170923_075332914_iOS

中身
・ヘッドセット本体
・説明書
デスクトップPC用変換ケーブル

製品の仕様として、デフォルトでiPhone等のスマホに対応しています。そのままスマホに繋いでヘッドホンとマイクが使えるので、PS4やPCで使う以外にも便利ですね。

スペック

【商品仕様】
マイク寸法 6.0×2.7mm
マイク指向性:全指向
マイクロフォンの抵抗2.2kΩ
マイク感度:-36dB±1Db
スピーカー直径φ50mm    
周波数特性:20Hz-20KHz
インピーダンス(ヘッドホン):16Ω±15%
感度:114dB±1dB
ケーブルの長さ:2.2m
イヤホンのインターフェース: 3.5mm + USB(LEDライト)
サイズ()21*18.5*11.3cm
本体重量395g
対応システム:32bitシステムと64bitのWindows 10 / 8 / 7 / Vista、MacOS、IOS、Android
引用:製品紹介ページhttp://amzn.to/2zPWGSx
その他ノイズキャンセリングマイク、14ヶ月保証などがついています。


製品の仕様的に特徴となるのは多分色を付けた部分です。スピーカー直径が50mmなので迫力のある音がでそうです。40mmぐらいの製品が多いのでまあ良い点かなと思います。

ケーブルの長さですが、2.2mあるのでモニターからよく離れてゲームができます。目に優しいですね。
そうでなくても、余裕を持った長さが無いと動きにくいので長いほうが便利という人も多いと思います。

ただし、395g。重いです。私の愛用しているHD598は246gなので150gも重さが増しています。

長時間ゲームをする際に肩こりの原因となる可能性大です。
慣れれば問題ないかもしれませんが...


20170923_080226144_iOS
柔らかいウレタンフォームと合皮の組み合わせみたいな耳あて。安っぽいですが装着感は良いです。
20170923_080200885_iOS
自称タングステン製のヘッドバンド。こいつのせいで重量が増しているのかもしれない。ただし頑丈です。
20170923_080144019_iOS
全体的にSFか何かに出てきそうなデザインですね。
20170923_080012465_iOS
LEDを光らせるためだけについているUSBとマイク、イヤホン用の4極ジャックです。PCに繋ぐ場合はジャックに変換アダプタを装着します。
ケーブルは最近流行りの紐っぽい素材。引っ張りに強そうです。20170923_075912844_iOS
変な顔のロゴがついています。マイクオフスイッチとボリューム調節ダイアルが付いています。

20170923_080845446_iOS
一応、耳の部分とマイクが光りますが、貴重なUSBポートを一つ余分に消費するので普段は使う気になりません。

総合評価

メリット
マイクの性能が良くクリアな音質でSkypeができる。
・密閉式なのでゲームの音に集中できる。
重低音から中音がすごい
・使わない時にマイクを折りたためる。
・ケーブルが長くて便利
スマホでも使える


デメリット
・重い
・LEDを光らせようとするとUSBポートが犠牲になる。
・SFデザインすぎて家の中から持ち出せない。


ゲーム環境を揃えたい人が入門用として購入するには向いていると思います。
リスニング用のHD985のような開放型ヘッドセットだとゲーム用途ではなんかしっくりこなかったりします。
また600円ぐらいのヘッドセットでは足音の方向がわかりにくかったりしますが当製品ではよく分かるため最低限の環境が揃った感じがします。




スポンサーリンク

【レビュー】9200dpi対応多機能ゲーミングマウス「T-90」

複数のメーカーが並行輸入しまくってる人気ゲーミングマウスこと「T-90」を買いました。
このマウスは中国から輸入してもアメリカから輸入しても1600円以上はする(2017/10/02時点)ので日本のアマゾンの最安店で買うのが一番いいやつです。なんでこんな儲からない物並行輸入する業者がいるんでしょうね。

ではレビューします。
IMG_20170927_163547
IMG_20170927_163614
ロジクールのものと比べると圧倒的にコンパクトな箱です。マウスが入るスペースしか無いので箱を捨てずに済むかも。
IMG_20170927_163812
赤いマウスです。純正っぽい説明書と後から入れた感のある説明書と保証書が入っていました。
IMG_20170927_164001
白っぽいところはすべてLEDで光ることができます。

スペック
ボタンは、左右真ん中ボタンと、上下スクロール左側には前後ボタンがついている他、LEDの色や光り方を調整するボタンが付いています。

左上にはワンクリックでダブルクリックやトリプルクリックができる特殊ボタン(FireKey)が付いています。機能の切り替えは長押しです。(LEDが点滅すると切り替わる)

スクロールの下にあるボタンでは、
DPIの調整が6段階でできます。
(1000/1600/2400/3200/5500/9200


その他重量調整用のオモリが内蔵されています。
IMG_20170927_164016
裏の写真です。赤色の光が出る光学式マウスです。
IMG_20170927_164059
下の蓋を取るとおもりが出てくるので丁度よい重さに変更できます。
IMG_20170927_164232
USBケーブルはナイロン素材っぽいもの。最近の流行りです。
IMG_20170927_170321_HHT

IMG_20170927_170332_HHT
G300sと比較してみましたが、やはり大きいですね。ついでにめちゃくちゃ光ってカッコイイです。

IMG_20170927_170409
やはり本体が赤色なので赤色で使うのが気に入りました。明るい部屋で使えば眩しいということもあまりないかも。

総合評価

メリット

・重さ調節、DPI変更、連射など自分に合わせた使い方ができる。
・ゲーミングっぽい光り方がカッコイイ。
・被せ持ちをすれば手が疲れない。


デメリット
・重い
・デカイので手が小さいと使いにくい。
・クリック音がうるさい。

やはりLogicoolのゲーミングマウスと比較すると機能面で至らないこともありますが、価格設定的にコスパがよく、良いですね。手が疲れにくいので普段使い用としてもおすすめできます。






スポンサーリンク

外付けDVDドライブにジャンク品のブルーレイドライブを突っ込む

急にパソコンでブルーレイを再生したくなったのですが、残念ながらパソコンにはDVDドライブしかないので外付けしようと思います。
IMG_20171002_111158


前は家にブルーレイ対応ノートパソコンがあったのですが、電源が原因で壊れ、その中から取り出したのがこれです。
IMG_20171002_111448
エイサーのでかいノートパソコンに入っていたブルーレイ対応ドライブ。2008年製です。
IMG_20171002_111506
形が少し特殊だったので、すでにヤスリで削って他のケースにも入るようにしてあります。
これをこいつと合体させます。
IMG_20171002_111740
ロジテックの「LDR-PMG8U3L
USB3.0対応でUSBバスパワーで使える優れもの。
IMG_20171002_111251
とりあえずネジ穴を見つけたのでネジを取ります。
IMG_20171002_111549
引っ張ったら取れました。なんて簡単な作り。サムスン製です。
5V=1.3Aと書かれていますが、USB3.0は5V0.9Aしか対応していないはず...なぜ動いていた。
IMG_20171002_111657
見た目的にそっくり。多分交換できる。
IMG_20171002_111332
ロジテックのケースの中身。詳しくないけど変換用の基盤しか入ってなさそう。すごく簡素な作りです。
IMG_20171002_111218
入りました。あとはネジを忘れずに締めて...
IMG_20171002_111158
先の部分がちょっと見えますが完成。
1506915603257
通電しました。電流も足りたみたいです。



スポンサーリンク

【キーボード掃除】中華通販でサイバークリーン的なスライム買ったので掃除してみる。

中華通販でアイリスオーヤマの「Cyber Cleanサイバークリーン」をパクったみたいな製品「Super Cleanスーパークリーン」(209円)を買ったのでレビューします。
20170919_075022978_iOS
上の製品がSuperClean。
そして下にあるAmazonのリンクの写真がCyberClean。色使いやフォントまでそっくりです。
※広告ブロッカー使っている人には見えないかも。


製品裏
20170919_075042014_iOS
生分解性物質95%。吸収!同化!周りすべてをクリーニングし、殺菌する!
擦るな押せ!とか書いてあります。説明書きは普通ですね。

色は本家が黄色ですがコチラの製品は緑色です。昔あった筒に入ったスライムのおもちゃを思い出します。

20170919_075509606_iOS
袋から出してみましたが、まさに硬めのスライムです。うーん...蛍光色がすごい。
あとなんかレモンライム的な匂いが部屋中に充満します。はっきり言って臭いです。トイレに設置したら芳香剤が不要になるかも。

20170919_075534927_iOS
特に汚くもないキーボードに押し付ける。
20170919_075547239_iOS
跡ができました。
20170919_075728710_iOS
ぺたん
20170919_075736201_iOS
なんかワッフルみたいで美味しそう。


感想
写真じゃわかりにくいですが、細かいホコリなら取れました。ただし、染み付いた汚れ的なものには無力かつ、押し付けすぎるとちぎれてキーボードの間に挟まります。
副作用として、キーボードにトイレの芳香剤(レモンライム)の香りが染み付きます。トイレをPCルーム代わりに使っている人にはおすすめできるかも。

まあ、本家「サイバークリーン」ですら使えないやつ扱いされている事も多いので善戦した方だと思います。コストが1/3以下なのでコスパは良いですが、それよりもエアダスターとブラシで掃除することをおすすめします。

画面の汚れの落とし方~パソコンやスマホの画面の掃除方法を紹介します~


スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
amazonアソシエイト