適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

PC周辺機器

LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する

他の型番のパソコンはともかくこのLIFEBOOK AH77/Wの分解の解説はネットにうpされてなかったので自分用に作りました。

このパソコン、それなりに性能が高いものの、HDDや付属の謎ソフトが足を引っ張りその性能を全く出し切れていないという欠点があります。なのでSSDに換装してあげます。


20190125_092929028_iOS

まずは元の性能
WD
まあHDDならこんなものかと思いますが、スマホに慣れてしまった現代人にとってこの速度はネットをやるにもストレスが溜まるレベルだと思います。

早速分解する
20190125_092958026_iOS2
まずはパソコンをひっくり返し、右下のツメの隙間からテレホンカードやらピックやらを使ってこじ開けていきます。
20190125_093453198_iOS2
ここまで外したら、次は残りの蓋を外します。ネジが3本あるのでそれを取り除いた後、こちらも左右の隙間からこじ開けます。
20190125_100111653_iOS2
上がメモリスロットで、一つ空いているのでここにもう一つ嵌めることが出来ますが、今回は無視します。
右側がバッテリー、左の黒いのが目的のHDDの場所です。
不慮の事態を防ぐためにまずはバッテリーを外します。
20190125_100224396_iOS
ロックを解除して
20190125_100409737_iOS
外しました。次にHDDを取り外します。
20190125_100840402_iOS
こちらもHDDを固定するネジが2本合ったのでさっさと取り除いて外します。右上の方から黒い線が来ているので何となくわかりますが、SATAケーブルは固定されていないのでケーブルが千切れないように気をつけてHDDごと持ち上げましょう。

20190125_101124441_iOS
20190125_101200195_iOS
入っていたのはWDのHDD1.0TBです。側面に固定する部品がついているのでそれを外してSSDにつけます。
20190125_101719973_iOS2
20190125_102147852_iOS2
手順を逆に進め、取り付けます。バッテリーを入れ忘れたり、バッテリーのロックを忘れないように気をつけましょう。
20190125_102614088_iOS2
終わり。
SanDisk SDSSDA240GB
最初に上げたHDDの速度と比較すると一目瞭然の性能差です。やはりHDD→SSDは全然違いますね。





スポンサーリンク

【レビュー】今更SSDのMX500を買ってみた。

特に深い理由はなく、微妙に安かったのでMX500というSSDを購入しました。しかし、もともと自分のパソコンには240GBのsandisk製SSDが入っていて速度にも困っていません。

容量も足りているので完全に趣味ですがレビューします。

20190125_060043601_iOS

3D NAND搭載、TLC、2.5inch、SATA6Gbps、容量500gbで5年保証のものです。
20190125_060055693_iOS
まさかのProduct of Mexico
20190125_060240487_iOS
SSDと説明書、あと薄すぎるSSDのスペースを埋めるのに使う例のアレが入っています。SSDの本体は金属製で冷却性能が高そうです。

20190125_060256024_iOS2
Assembled in Mexicoの文字が光ります。SSDは、韓国、中国、台湾、マレーシア製は見たことありましたが、メキシコは初めてなのでビビりました。

もともと使ってたSSDがこれです。
20190125_080408541_iOS2
最大の特徴が、プラスチック製の筐体を使用したSSDというところです。比較的価格は安価で、性能も悪くありませんが、長時間使用することで熱がこもる欠点があります。

早速交換してみた

1548398326542
SSDのクローンに使用するのはEasuUS Todo Backupです。とりあえずこのツールが鉄板です。HDDでセクタ異常がある場合の場合別のツールのほうが良いですが、今回はこれです。

速度比較してみた
SanDisk SDSSDA240GB
SanDisk SDSSDA240GB
Crucial
Crucial MX500

結論

書き込み時間がそれなりに向上しましたが、OSの立ち上げやソフトの起動などがメイン用途ならあまり性能が実感できないかもしれません。ですが、動画制作など頻繁に書き込みをする人なら買い換える価値はあるかもしれません。


スポンサーリンク

【レビュー】定番のGELID製静音ファン Silent 12

BTOのパソコンのファンが壊れたので交換しました。
定番のものなのでレビューする必要もない気がしますが良いものだったので紹介します。

今回紹介するのはGELID製静音ファン Silent 12です。この製品は12月11日時点で831円とコスパがよく、静音性が高いと評判ですね。

ハイドロダイナミックベアリング採用という点が特徴であり、通常のボールベアリングを採用したものと比較して静音性が高く部品の劣化も遅いため長寿命というメリットがあります。

ただし、グリスをケチった製品だと油が消耗した途端にガリガリ音を立て、使い物にならなくなるという代物です。

20181017_064018587_iOS

性能

・ケースファン
・回転数:1000rpm
・ノイズ(dB):20.2

20181017_064125461_iOS

中身
・本体
・防振ゴム(ネジの代わりに使う)
・変なシール

通常、防振ゴムはパソコンに詳しい人達が別売りのものを購入して使用する事が多いのですが、この製品にははじめから付いてきているのでお得です。

ゴムを使用するとファンの振動がパソコンに伝わりにくくなり、音が響くことを防ぐことができます。

使用してみた感想
回転数が1000rpmで変動しないファンだったので音がうるさくないか心配でしたが、耳をめちゃくちゃ近づけないと音が聞こえないぐらいでした。
ケース内温度もしっかりと冷却され、無しだと60度ぐらいまで上がっていたCPU温度も30度前後まで下がりました。やはり定番品は良いですね。






スポンサーリンク

【レビュー】300+867Mbpsの高性能無線LAN子機「TP-LINK ArcherT4UH」

久しぶりにレビュー記事を書きます。

今回はTP-LINKという最近になってじわじわと日本でも普及してきたWiFiルーターメーカーの300+867Mbpsの高性能無線LAN子機「ArcherT4UH」を紹介します。

最近アマゾンでTPLINKのセールがあったのでそのときに買ったやつの一つです。WiFiルーターの親機として同社のArcherC7を使っているので揃えたくなって買いました。
20180719_043729835_iOS

と言ってもただの子機なので変わった機能が付属しているわけでもなく、Windows10ならドライバを入れることなく刺すだけで使えるので普通です。

この製品は2000円ぐらいで売っている中華LAN子機とは異なり以下の特徴を備えています。
USB3.0対応
全方向式アンテナを2本搭載(3dbix2)
・WPS
・5.2ghz(867mbps)と2.4ghz(300mbps)対応で
802.11ac規格が使える

特に、usb3.0とアンテナ2本は強みです。いくら強力なアンテナを搭載していてもusb2.0だとボトルネックになってしまい、アンテナ数が1本だと親機のアンテナが4本だろうと8本だろうと受信できません。この2つは大事な要素ですね。

20180719_043825214_iOS


20180719_043924343_iOS

付属物
・本体
・日本語のインストールガイド
・ドライバCD
・1mのUSB延長ケーブル

20180719_044021992_iOS
アンテナを立たせるとこんな感じになります。設置する際はアンテナの側面がルーターに向くように設置すると受信感度が高まります。


使用してみた感想
アンテナの利得が3dbiと低かったので心配でしたが5dbiの謎ブランド子機よりも電波をよく拾ってくれました。2本のアンテナのおかげかもしれません。

安定性も、1ヶ月に一度USBを認識しなくなるかどうかといった具合でまあまあ安定しています。やはりよくわからないメーカーよりも大手ブランドの物はいいですね。

通信速度は微妙に向上しましたがあまり変化はないですね。


よくわからないメーカーやいかにもOEMで作りましたみたいな無線子機を使っているならば買い換える価値があります。安定性と信頼性が段違いです。




とりあえず高スペックが必要ならこれ。アンテナ4つでビームフォーミング機能付き。今度は親機の性能が足らなくなりそう。




スポンサーリンク

【セール】アマゾン Echo dotが46%オフでなんと3240円!~6/21まで

6/21までAmazon Echo dotが3240円です。明らかにGoogle Home miniの半額セールを意識した価格設定ですね。

購入者からしたらなんの記念日でもないにもかかわらず、父の日セールよりやすい時点で裏切られた気がしますが最安値です。

とりあえず私はホワイトカラーを買いましたが、スマートスピーカーが気になる方はポチってみるのもいいと思います。
6/20追記
外部スピーカーに接続して使ってみましたが、便利ですね。そのままだと難聴ぎみだったりラジオみたいな音質だったりするので単体で使う場合は普通のEchoのほうがいいかもしれないです。

他にスピーカーを持っているなら間違いなくこちらのほうがお得ですね。






スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する
  • LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する
  • LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する
  • LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する
  • LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する
  • LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する
  • LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する
  • LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する
  • LIFEBOOK AH77/WをSSDに換装する
amazonアソシエイト