適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

スマホ周辺機器

【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」

前回今更ながらiPhone8でワイヤレス充電をQiを試してみた。で怪しい充電器を使用してみて充電の遅さと値段からくる不安に苛まれ、結局使うことをやめてしましました。

ですが、ワイヤレス充電の手軽さは間違いないので本音で言えば使っていたかったです。ですから買いました。その名も「
WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器 」です。

この製品、なんとコイルが3つもついているのでどこに置いても充電できるみたいです。前に買った300円のやつは一つしか無かったので少しズレただけで充電できなかったのでかなりの進歩です。


20180415_052903915_iOS
Amazonでポチって一日で届きました。最近見慣れたダンボール系のエコな箱に入っています。

20180415_052935037_iOS
20180415_053213882_iOS

パッケージ内容
ワイヤレスチャージャー*1
USB充電ケーブル*1
説明書*1
説明書は中国語と英語で書かれていましたが、別に日本語の説明書が付属していました。
1ページに必要なことがまとめてあったので助かります。

スペック

商品仕様
入力電圧:DC5.0V,2.0A / DC9.0V,1.8A
出力:10W

充電効率:≥72%
サイズ:約133mm*70mm*15mm
重量:約121.5g


前使ってたやつは5V2Aで充電して5V1Aの出力、つまり充電効率が半分だったのでこれはかなりいい製品ですね。



対応機種
iPhone:iPhone X / 8 / 8 plus
Samsung:Galaxy Galaxy S8 / S8 Plus / Note 5 / note 8 / Galaxy S6 / S6Edge / S6 Edge Plus / S7 / S7 Edgeなどの他Qi対応機種
引用元:amzon 商品紹介ページ
その他仕様

・自動検知機能:高温や過電圧を自動検知して制御する。
シリコン付き台座:滑りにくいのでスマホが落ちるのを防ぐ。
2in1折り畳み台座:スタンド代わりにしたり、畳んで平置きもできる。
QC低温急速充電:充電完了後に低電流に切り替えてスマホのバッテリーの劣化を防ぐ

20180415_053227030_iOS
20180415_053252125_iOS
製品全体がシリコン系の触り心地が良いもので覆われています。裏にはゴム足がついていて安定感もあります。

20180415_053330752_iOS
充電ケーブルは珍しくUSB Type-Cです。QC2.0,3.0に対応していて、5V/2A以上で充電しないと急速充電できないらしいので対応したUSB急速充電器に繋ぎます。
20180415_053613572_iOS
20180415_053907935_iOS
はい。LEDが青く光って充電できています。

20180415_053918509_iOS
こんな変な向きでも充電可能。
20180415_053303273_iOS
最初はこのようにスタンドで立てて充電しようと思いましたが、ケースの上からでは上手く充電できませんでした。基本的に平置き推奨です。


使ってみた感想
充電速度が前のものと比べると速いです。あと充電器からスマホが少しズレても充電し続けてくれるのが良いですね。神経質に真ん中になるように調節する必要がなくなりました。

スタンドに立てて使うことが上手くできなかったのが残念ですが、実用性は抜群です。急速充電器を持っていて、かつワイヤレス充電器に興味があるなら買ってみるのもいいと思います。







スポンサーリンク

今更ながらiPhone8でワイヤレス充電をQiを試してみた。


中国の通販に売っていた怪しいワイヤレス充電機(Phone対応の文字はなし)を購入して15日。
中国郵便でようやく届きました。

「Qi Wireless Charger for Qi Enable Devices  -  BLACK 」 確か値段は344円ぐらい。Gearbestで買いました。
この手の安価な製品は1日で値段が大幅に変動するので最安値で買うのが難しいです。
20180305_070325150_iOS


20180305_070258331_iOS

箱は潰れて届き、中には安っぽいプラスチックでできた本体とmicroUSBケーブル(充電専用)、中国語と英語の説明書がついてきました。

説明書いわく、USB経由で5V/1.5Aの出力で電力をこれに供給し、そこから5V/1Aでスマホに給電できるらしいです。しかし箱にはINPOUT(誤字でない):5V-2A、OUTPUT:5V-1A、と書かれていたりするので全然信用できません。



・取り敢えず充電してみた。


普通に充電できてます。
20180305_110629354_iOS
20180305_110659750_iOS
あっけなく充電ができてしまったので特に変わったこともなく、面白くないですが、344円のワイヤレス充電器でもしっかりと機能すると分かりました。

ですが、少しでもスマホがズレると充電できなくなるのでちょっと微妙ですね。



・なんとなく分解してみた。

特に深い理由は無いのですがこんなに安いのになぜ機能するのかと気になったので分解してみます。

20180305_132848777_iOS
まず内部構造とツメの位置を把握するためにLEDライトで照らします。思ったよりもスカスカです。


20180307_111210003_iOS
次にプラスチック製のヘラっぽいものを隙間に挟み込みパカっと開けます。

20180307_111313518_iOS
20180307_111333783_iOS
なんか基盤と金属っぽい台座に乗ったコイル的なものが出てきました。文系なのでさっぱりですが、IHコンロ的な技術で給電しているように見えます。

最近知った話ですが、ワイヤレス給電をするとスマホのバッテリーの劣化が早まるそうです。

ワイヤレス給電は便利そうに見えるかもしれませんが、置いた場所からズレるだけで充電が切れる上、急速充電もLightningケーブルより遅いものがほとんどです。しかも電力のロスも多いので無駄が多い気がします。

どうしてもワイヤレス充電をしたいと思う人以外は普通にケーブルをぶっ刺して使ったほうが楽だと思いました。










スポンサーリンク

iOS11でiTunesでバックアップから復元できない場合の解決方法

今回は短い記事です。

この時期iPhoneをMNPで乗り換えたり新しいiPadを購入してデータを移し替えたりする機会が多いと思います。
そんな時、「iTunesでバックアップを取ったにもかかわらず復元できない。」といった問題が発生したら大変ですよね。

今回は、iTunesバックアップから復元する際に、「エラーが発生したため、iPhone”端末名”を復元できませんでした。」と表示され、途中で止まってしまう問題について取り上げます。


この記事はiOS11.26で検証したデータに基づきます。

BlogPaint

私は以前からiPhone、iPad関係なくこのエラーが頻発し、なぜ復元できないんだと悩み、appleサポートに連絡しても結局解決方法は見つからずじまいでした。

ですが、最近iPadを買ったときに色々試したところ、解決することができました。

方法は簡単。「ファイラー系アプリからファイルを削除してからバックアップを取る」です。

ファイラー系アプリというのは、iTunesで同期をした時に左の方に出てくる”ファイル共有”の中に入っているアプリのデータです。

1522508350264

代表的なものだとClipboxやDocuments、Wordですね。この辺りのアプリに入っている音楽、映像、画像、ワードファイルなどデータ全部を削除すればいいです。

細かい理由としては日本語ファイル名がバックアップに悪影響を与えているとかどうとか諸説あるらしいですが、全部消せば問題ないです。

ただし、削除する前に必要なデータはパソコンに避難させてください。でないと泣くことになります。

すべてのファイラー系アプリからデータを削除し終えたら、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックし、「このコンピューター」に「今すぐバックアップ」してください。

これでエラーが発生しないバックアップができます。

削除したデータに関したは、バックアップから復元をしたあとに”ファイル共有”にまとめてドラッグアンドドロップで突っ込めばもとに戻ります。

ただし、元の端末を持っていない状態でなおかつ
「エラーが発生したため、iPhone”端末名”を復元できませんでした。」と表示された状態の場合、

手遅れ
なので諦めてiCloudからバックアップを復元しましょう。





スポンサーリンク

【レビュー】持ち歩く充電ケーブルはもうコレ一本!Rukerway急速充電ケーブル4本セット


久しぶりに充電ケーブルをレビューします。
今回紹介するのは、Rukerway 4本セット 25cm 2in1 microUSB・ライトニング
です。

最近、純正ケーブルが次々に接続不良になってしまったので代替品を探していたのですが、コレが4本入りでmicroUSBのケーブルにlightningアダプタがくっついているタイプだったので気になって買いました。

コレ一本でandroidとiPhoneに対応し、2.4A急速充電ができるそうです。
20171222_135521599_iOS
20171222_135703067_iOS
届いてみて思った感想は、「多い!」でした。普通この手のケーブルは1つ。多くても3つはいっているパターンが主流なのですが、4本あるとなんか圧倒されます。


内容物
・25cmlightningアダプタ付きmicroUSBケーブルx3
・保証書

20171222_135748346_iOS
ナイロンケーブルの先端にアルミ合金、その先端にmicroUSB端子がついています。Lightingアダプタは横のところから丈夫そうなプラスチックでひっついていて、microUSBに被せられる様になっています。
ケーブル本体はナイロン皮膜のおかげか引っ張っても全然ビクともしません。頑丈です。


とりあえず、この製品が本当に急速充電できるか試したいと思います。

20171222_150434435_iOS
20171222_150444376_iOS
とりあえず私は疑り深いのでいきなりこの製品を否定する使い方を試してみました。
この製品はmicroUSBは対応していますが、「Type-C」には対応していないので急速充電できるかがやってみました。

実験に使用したモバイルバッテリーは「cheeroの2.4A急速充電対応」のもの
です。
1.78A、5.02Vと表示されています。アダプタ使用で急速充電されていますね。

次はiPhoneで試してみます。
IMG_20171223_000508
IMG_20171223_000235
1.11A、5.12Vです。少し微妙な気がしますが、一応急速充電と言えると思います。

どちらの方法でも急速充電ができたので、このケーブルは急速充電できると思われます。

それとデータ通信も試してみましたが、PCとデータの送受信ができました。


まとめ
4本入ってコスパがよく、25cmと短くてかさばらない上、microUSB端子とLightning端子が付いているので持ち運びに向いています。
バイルバッテリー本体の充電、2台持ちでandroidとiPhoneを持っている場合でもコレ一本で済ませられるのでおすすめです。


スポンサーリンク

【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」

今回は、タッチパッドキーボード合体した小型無線キーボードの
Ewin® 新型 2.4GHz ミニキーボード ワイヤレス式 無線 日本語JIS配列 マウスセット一体型 多機能ボタン タッチパッド搭載 バックライト USBレシーバー付属 汎用MicroUSB充電ケーブルも付きについてレビューします。

この製品、なんで買ったかというと、中華製品にも関わらずJIS入力対応でファンクションキーやタッチパッドまでついている無線キーボードなんです。しかも暗くてもバックライトが光る!
4年ぐらい前に買ったやつは光らないしデカイしアメリカンな配列のキーボードで使いにくかったのでそれと置き換えて使います。

20171118_083140195_iOS

開封
20171118_073248159_iOS
20171118_073447635_iOS
ゆうパックで届いたせいか箱が潰れていますが中身は無事でした。
ダンボール製のいつもの箱ですね。

中身
ミニキーボードx1

bluetoothアダプターx1
USBケーブルx1
日本語取扱説明書x1
保証書x1
引用元:Ewin®商品紹介ページ
日本語の説明書がちゃんと入っていました。最近は丁寧な業者が増えてきたのでうれしいですね。
bluetoothアダプターが見当たらないように見えましたが、裏に入っていました。
20171118_073907386_iOS
20171118_073936185_iOS
バッテリー量は300mAh 3.7Vで6~20時間の使用が可能です。microUSBで充電します。

スペック

RF2.4G 無線接続 
USB 接続,プラグアンドプレイ
サイズ:20*9*2cm
重量:105g
バッテリー:リチウムポリマー電池
通信距離:10m
周波数:2.403GHz ~ 2.480GHz
動作電圧:3.7V
充電電圧:5V
充電電流:300mA
動作電流:13.5mA
無線発射率:2dbm
受信感度:-85dbm
対応OS:Android/Windows/IOS/Google/SmartTV/linux/Mac OS
PC:Win10/8/7/XP/98/vista/ME /2000/IOS/Android/Symbian/SP3/Xbox 360/PlayStation 3。
引用元:Ewin®商品紹介ページ
とりあえず列挙しただけに見える対応OSですが、USBレシーバーを経由する以上、マウスとキーボードに対応したデバイスなら使用可能だと思われます。

私が試した限り、Android(レシーバーを変換アダプタで使用したMI5,Axon Mini),Windows10のデスクトップパソコン,仮想XP32bit,surface pro2などで使用できました。

20171118_073623166_iOS
タッチパッドの操作方法は絵の通り、ワンタップで左クリック、二本指でスワイプしてスクロール、二本指でタップすれば右クリックです。
20171118_073808583_iOS
上部には物理的左右ボタンも付いていて操作性抜群です。
20171118_073737103_iOS
下にはmicroUSBの充電ポートが付いています。

20171118_073808583_iOS


使用感
では早速使ってみましょう。
20171118_091455726_iOS
電源をONにして...
20171118_091537185_iOS
PCにレシーバーをぶっ刺す。

はい準備完了。もう使えます。
CDからドライバを入れたり、ペアリング等余計な操作は一切いりません。
20171118_083140195_iOS
ファンクションキー(Fn)+@でバックライトが点灯できます。

20171118_073623166_iOS
操作の説明ですが、
左上の矢印はカーソルキー、OKはEnterキー
右上で音量、家みたいなロゴでブラウザが開きました。右の四角いのは
コンテキストメニュー(右クリックで出てくるやつ)です。
あとは見たまんまです。

青色で表示されている物はFn+キーで入力できます。
Fn+altでタッチパッド無効
Fn+Spaceでタッチパッド感度変更
Fn+@でバックライトオンオフが特別なコマンドですが他は普通です。

使ってみて

PC,Android問わずにとりあえずレシーバーを挿して電源をつければマウスとキーボードが使えるようになるというのはとても便利だと思いました。
重量が105gと軽量で、片手で持てるのもよいですね。

メリットかどうかわかりませんが、RPGツクール
やWolfエディタで作られたゲームをゲームパッドみたいな感覚で操作できるのが新しい感じがしました。


真面目な使用用途としては、パワーポイントでプレゼンをする人には特におすすめです。

同様の製品としてコクヨの「フィンガープレゼンター」のようなパワポ専用の操作機器も存在しますが、機能が限られています。
しかしこの製品はマウスやキーボードが使用できるため、プレゼン中にアクシデントが発生しても対処することができます。
さらに、バックライトがあるため、プロジェクターを使うような暗い環境でも誤操作を防ぐ
ことができます。


予想以上に便利な製品です。プレゼン機材や小型の無線キーボードに興味があればポチってみると良いと思います。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • Amazon Musicで音楽を聴くと抽選で合計100人にBOSEの最新スピーカーが当たる。~10/9まで
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
amazonアソシエイト