完全にメモなので見ても参考にならないかもしれません。

↓の手順で15 seconds ADB Installerを導入してある事が前提です。

Xiaomi Mi5を買ったらやりたい設定自分用メモ全部のせMi5 MIUI Global 8.1 Stable



1,適当に一番新しいSuperSUを拾ってくる。
https://forum.xda-developers.com/apps/supersu
2,一番新しいTWRPを拾ってくる。
https://dl.twrp.me/gemini/
3,SuperSUはzipのままスマホに取り込んでおく。Downloadフォルダとかに入れておいた。
4,スマホの電源を切ってボリューム下と電源長押でFastbootで起動。
5,コマンドプロンプトを使うのでTWRPのファイルは短めの名前にしておくと楽。aaa.imgなど
15 seconds ADB Installerとかを使った後だと、C:\の下にadbと書かれたフォルダがあるのでリネームしたaaa.imgを突っ込んでおく。
6,管理者権限でコマンドプロンプトを起動
cd c:\adbでエンター
fastboot devicesでエンター

変な文字列とfastobootという単語が出てきたら
fastboot flash recovery aaa.imgでエンター
fastboot boot aaa.imgでエンター
そのうち勝手にスマホの画面が切り替わり、TWRPが起動する。失敗してるとなにも起きないので、
ファイル名や位置、使ったTWRPのデータを確認してやり直す。

7,TWRPが起動したらとりあえず日本語に切り替えて、チェック入れたりスライドしたりしておく。
8,インストールからSuperSUのファイルを選んで、スワイプしてインストール。その後に再起動。
root化されていればホームにアプリが増えているので成功。

TWRPは電源を消した状態でボリューム上と電源長押しで起動できる。


慣れればほとんど時間がかかりません。windows10を使っているならPowerShellがおすすめですね。全部コピペで入力できます。

あとTWRPで一番使う機能はバックアップだと思います。ROM焼きやアプリ導入でデータが良く吹っ飛ぶのでバックアップ必須です。mi5はSDカードがないので外部にバックアップを取るためにはUSBtype-C変換アダプタや対応のUSBメモリやSDカードリーダーがあるといいですね。

USB C 変換 アダプタ RAVPower 3個セット USB-C アダプタ ( Micro USB to USB-C 2個 + USB A 3.0 to USB-C 1個 / 急速充電対応 / 高速データ転送 ) MacBook Pro / Xperia / スマホ / タブレット 各種対応





スポンサーリンク