今回はモニタ-と一緒に買ったグリーンハウスの4軸 クランプ式液晶ディスプレイアーム「GH-AMC03」についてレビューします。

20170319_025042893_iOS
説明書は初めから折れていました。が、読めるので問題なし。

中身
・ディスプレイ取付部(アームの付いた花みたいな形のやつ)
・台座(万力みたいなやつ)
・ケーブルクリップ3つ
・ディスプレイ取付用ネジ
・ケーブルガイド
・工具(六角棒レンチ4,5,6mm、普通のレンチ)

アームと台座はすべて金属製で頑丈に見えます。他の製品と比べて安価なのでてっきりプラスチックを多用しているかなと思っていましたので良い意味で予想を裏切られました。


20170319_024702397_iOS
ちなみに箱はこんな感じ。


20170319_031847524_iOS
完成しました。
自分のところに届いた製品は間接が固かったです。
この形にするためには、レンチですべてのボルトを緩める必要がありました。



20170320_063320136_iOS

早速台座を机に設置してディスプレイに取り付けました。この写真に写っている3つのネジを緩めることでディスプレイの角度を変えたり360度回転させることができるようにので好きな向きに簡単に変えられます。




使ってみた感想


残念な点
・高さの調節が六角棒レンチを使わないとできない。このせいで一度高さを決めたらそのままになってしまう。定位置で使う人にはあまり関係ない問題だが頻繁に画面を動かす人なら困る可能性があります。

良い点
・画面が簡単に回転できるため普段は横にしていてネットサーフィンやwordやpdfを扱う時に縦向きにするなど使い分けが簡単にできる。また、アームが可動するので使わないときには机の奥の方に移動させて机が目一杯使えるようにもできます。

・モニター付属の台座を使わないため、モニターの下がフリースペースとなり作業をしたり物をおいたりすることができます。コレは机の上に良く物を置く人や机が狭くてモニターがおけない人にも便利だと思います。


総評価

高級なディスプレイアームになると高さも自在に動かせるようになることもありますが、これは基本的に横向きと画面の向き、角度を手で動かせる製品です。ですから少し痒いところに手が届かない感がありますが、高さを動かす機会などあまりないと思います。自分も高さは設置時に触っただけでそれ以降は全くいじっていません。ですからそうゆう人にとってはコスパもよく良い製品だと思います。

 

↓とりあえず一番いいやつ欲しい人向き。コスパとかは考えちゃだめなやつ。自在に動かせるそうです。



スポンサーリンク