適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

スマホの有機ELと液晶ディスプレイはどっちのほうが良いか

iPhoneの新型が有機ELになると毎年言われ続けて来ましたが...ついにプレミアムモデルで有機ELが搭載されるらしいと噂になっています。
しかし、実際有機ELのどこが良いのかよくわからないので比べてみる。

とりあえずIPSディスプレイ搭載のXiaomi mi5と有機ELディスプレイ(AMOLED)のZTE axon miniを比較してみます。

試験環境はどちらも輝度最大で試しました。



視野角の広さ
20170810_040046560_iOS
20170810_035830886_iOS
右がIPSディスプレイ、左が有機ELですが、画面の色合いが黄色っぽいか青っぽいかの違いしかありません。
ほぼ互角です。


画面の明るさ
真夏の炎天下で写真を撮りました。
20170810_040436696_iOS
どっちも見えにくいです。輝度MAXだろうと暗いですね。若干IPSディスプレイのほうが視認性が高い気がしますが、画面が黄色っぽいから見やすいのかIPSだから見やすいのかよくわかりません。

暗いところでの画面の黒さ
20170810_042519543_iOS
間違えて左右逆に置いてしまいました。
初めてはっきりと分かる違いが出ました。IPSディスプレイはバックライトの白さが見えますが、有機ELディスプレイの方は文字がなければ電源が付いていると認識できないレベルの黒さです。あとセーフモードに意味はありません。


液晶と有機ELディスプレイの寿命
今のところ焼き付き等は出来ていない。有機ELの方が焼き付きやすいと聞くが、展示品のように輝度最大で付けっぱなしにしたりしなければ焼付きは起きない気がする。


画面の薄さ
有機ELの方が画面を薄くできるらしいですが、axon miniとmi5で比較するとmi5の方が若干薄いため、企業努力でどうにかできるレベルの違い
ユーザーには関係ないですね。


消費電力
比較したスマホではバッテリー容量やOSに違いがあるため比較出来ませんでした。
スマートウォッチなどバッテリーが制限されるデバイスでは有機ELが選択される傾向にあるので有機ELの方が消費電力が少ないと思います。しかしスマホの場合バッテリー量を増やせばいいだけなのでほぼ関係なさそうです。

応答速度
ゲームなどでは画面の応答速度が云々と気にされることが多いですが、全然気になりません。ゲームの場合、それよりも
CPUスペックによるカクつきが目立ったので、有機EL搭載スマホを選ぶよりもCPUが高性能なスマホを買ったほうが遅延なく遊べる気がします。

結論

有機ELは黒色がキレイ。野外での視認性に劣るが一応視認できる。その他の点はほぼ誤差。

ディスプレイのことを気にするよりも他のことを気にしたほうが良さそうです。






スポンサーリンク

Xiaomi Mi5にXposedを入れてみる。(android6.01MIUI ECRMod8.1.4.0)自分用メモ

developer版のやつをmi5に入れていたのですが、自動アップデートとTWRPの相性が悪かったのか文鎮化したので代わりにECRMod8.1.4.0を導入して、ついでに「Xposed」と言うものを試してみました。

しかしあれですね。ぶっちゃけカスタムロムだろうがdeveloper版だろうが使い勝手はあんまり変わらないので(安定性とプリインアプリぐらいの違い)MIUI系ならどれ使っても良さそうですね。
しかし、「Xposed」はまだAndroid7への対応が試験段階であまり信頼性が高くないのであえてandroid6.01であるECRMod8.1.4.0とそれに適したフレームワークなどを試してみました。

Xposedをインストールするための条件

1,ブートローダーアンロックがされていること
2,TWRPなど(カスタムリカバリ)が導入されていること
3,root化されていること(SuperSUなど)
上の3つを満たしていないとインストールすらできないのでハードルが高いです。
失敗する可能性も高いのでバックアップを忘れずにしましょう。

①、Xposedをダウンロードする。
以下のリンクから、 「 XposedInstaller_3.0_alpha4.apk」をダウンロードする。
https://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=3034811


②、MIUIで使えるように調整されたXposedのフレームワークをダウンロードする。
https://forum.xda-developers.com/xposed/unofficial-xposed-miui-t3367634
android6なのでsdk23,snapdragon820搭載機なのでarm64,MIUIなのでMIUI-edition

xposed-v◯◯-sdk23-arm64-MIUI-editionなら使える気がする。とりあえず新しいやつ入れると良いかも。

③、Mi5本体にダウンロードしたファイルを移動させる。

④、
フォルダからそのままXposedInstaller_3.0_alpha4.apk選択してインストール

ホーム画面に「Xposed Installer」が増えているのを確認したら、電源を切り、電源+音量上ボタン長押しでTWRP起動

xposed-v◯◯-sdk23-arm64-MIUI-editionをインストール。
追記、上書きインストールできるので間違えて古いの入れても大丈夫でした。

準備が完了したので、「Xposed Installer」のダウンロードから好きなモジュールを手に入れて使いましょう。

モジュール導入例

試しにみんな大好きminminguardを導入してみます。アプリ内広告を一掃してくれるモジュールです。

「Xposed Installer」の中からでもダウンロードできますが、自分の環境ではうまくいかないのでブラウザから落とすのが一番速かったです。

http://repo.xposed.info/module/tw.fatminmin.xposed.minminguard

方法は簡単。.apkファイルをダウンロードして、インストールし、
「Xposed Installer」からモジュールにチェックを入れて再起動するだけ。ココまでたどり着けた人なら難なくできるでしょう。

おすすめのモジュールはChromePie,MinMinGuard,YouTubeAdAwayです。
システムを弄るならxMIUI,root化で出来ないゲームが有るなら
ANRCを入れると良いです。


全然関係ないけどおすすめのフィルムとケース。安いのでフィルムの方はいくつも買い貯めしておきたい。

Gearbest TOCHIC XiaoMi Mi5 Tempered Glass Film  -  TRANSPARENT 17
TOCHIC XiaoMi Mi5 Tempered Glass Film - TRANSPARENT

Gearbest Luanke Back Case for Xiaomi Mi 5  -  BLACK
Luanke Back Case for Xiaomi Mi 5 - BLACK

スポンサーリンク

xiaomi mi5 root化とTWRP使い方自分用メモ手順のみ

完全にメモなので見ても参考にならないかもしれません。

↓の手順で15 seconds ADB Installerを導入してある事が前提です。

Xiaomi Mi5を買ったらやりたい設定自分用メモ全部のせMi5 MIUI Global 8.1 Stable



1,適当に一番新しいSuperSUを拾ってくる。
https://forum.xda-developers.com/apps/supersu
2,一番新しいTWRPを拾ってくる。
https://dl.twrp.me/gemini/
3,SuperSUはzipのままスマホに取り込んでおく。Downloadフォルダとかに入れておいた。
4,スマホの電源を切ってボリューム下と電源長押でFastbootで起動。
5,コマンドプロンプトを使うのでTWRPのファイルは短めの名前にしておくと楽。aaa.imgなど
15 seconds ADB Installerとかを使った後だと、C:\の下にadbと書かれたフォルダがあるのでリネームしたaaa.imgを突っ込んでおく。
6,管理者権限でコマンドプロンプトを起動
cd c:\adbでエンター
fastboot devicesでエンター

変な文字列とfastobootという単語が出てきたら
fastboot flash recovery aaa.imgでエンター
fastboot boot aaa.imgでエンター
そのうち勝手にスマホの画面が切り替わり、TWRPが起動する。失敗してるとなにも起きないので、
ファイル名や位置、使ったTWRPのデータを確認してやり直す。

7,TWRPが起動したらとりあえず日本語に切り替えて、チェック入れたりスライドしたりしておく。
8,インストールからSuperSUのファイルを選んで、スワイプしてインストール。その後に再起動。
root化されていればホームにアプリが増えているので成功。

TWRPは電源を消した状態でボリューム上と電源長押しで起動できる。


慣れればほとんど時間がかかりません。windows10を使っているならPowerShellがおすすめですね。全部コピペで入力できます。

あとTWRPで一番使う機能はバックアップだと思います。ROM焼きやアプリ導入でデータが良く吹っ飛ぶのでバックアップ必須です。mi5はSDカードがないので外部にバックアップを取るためにはUSBtype-C変換アダプタや対応のUSBメモリやSDカードリーダーがあるといいですね。

USB C 変換 アダプタ RAVPower 3個セット USB-C アダプタ ( Micro USB to USB-C 2個 + USB A 3.0 to USB-C 1個 / 急速充電対応 / 高速データ転送 ) MacBook Pro / Xperia / スマホ / タブレット 各種対応





スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
amazonアソシエイト