適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

【レビュー】MUSONの合金素材で多機能なHi-Fi音質MP3プレーヤー「MU-JP-MP3」

今回はMUSONのDAP(デジタルオーディオプレイヤー)である「MU-JP-MP3」をレビューしてみます。
インターネットで売っている音楽プレイヤーは星の数ほどありますが、意外とストラップホールなどの丁度よい穴がなくて持ち運びが大変であったり、音質を上げるためにサイズがスマホ並になっている物も多いです。しかしコチラの製品はコンパクトでそれなりに機能が多そうなので買ってみました。

IMG_20170921_194438

では早速開梱していきます。
20170921_082146255_iOS
箱はいつものダンボール的なやつ。このデザインは中華製品のスタンダードですね。
20170921_082228321_iOS
リサイクルが考えられた簡素な包装です。

20170921_082346522_iOS
付属物
・本体
・日本語説明書
・英語説明書
microUSBケーブル

仕様
■カラー:ブラック
■素材アルミニウム合金
■サイズ:93×39×9.5mm
■重さ: 85g
■内蔵メモリー容量:8GB
■ディスプレイ:1.8インチ白色テキスト有機ELディスプレイ
■解像度:128x160
■音楽フォーマット:MP3、WAV、WMA、OGG、APE、FLAC、ACELPなど
■録音フォーマット:MP3、WAV
■画像フォーマット:JPEG、BMP、GIF
■電子ブックフォーマット:TXT
■FMラジオ:自動/手動チューニング。日本周波数対応
■外部SDカード:32Gまで対応(別途購入必要)
引用:http://amzn.to/2fb1FRu
製品の特徴は、アルミニウム合金使用、内蔵メモリー8GBあり、嘘かホントか有機ELディスプレイ使用、超低解像度128x160。FMラジオ搭載。あとはハイレゾ音源のFLACに対応している点でしょうか。
サイズ的にウォークマン程度で操作はタッチパネル。大きめのストラップホールが上部についています。

20170921_082449203_iOS
表面はガラス製?でプラスチック製のFiioX1と比較して画面がペコペコ凹まないです。
20170921_082502321_iOS
アルミニウム合金で全体が覆われています。プラスチック部品がないので頑丈な気がする。
20170921_082541293_iOS
横から見た感じ
microSD(最大32GB)を入れるところと操作ロックのスライドスイッチです。
20170921_082553921_iOS
電源スイッチと録音ボタンです。
電源ボタンは押してもスリープモードにならない上、録音ボタンは押せば何をしていても問答無用で録音が始まります。
20170921_082753408_iOS
電源を押してから3秒で起動しました。他のDAPの追随を許さないぶっちぎりの起動速度!

デフォルトで日本語表記になっていましたが、中華フォントが見にくいので英語に設定を変えると良いかもしれません。
操作はなんと左右ボタンのみで上下ボタンを押しても音量調節されるだけです。決定は右上のボタン。
20170921_084537600_iOS

偶々手元にあったtranscend 32GB高音質microSDカード()で音楽を聞いてみます。FiioX1で使用していたものなのでmp3ファイルは入っています。
20170921_085849823_iOS
なんと画面がカラーで表示されました。すごい!しかし写真はモザイク画です。解像度128x160に期待はしてはいけない。

音質に関して言えば、思ったより良かったです。普通に音楽プレイヤーとして使用できると思います。音量もかなり出力を上げることができるため、大きさの割にパワーの有るプレイヤーだと思います。ただし場合により曲の変更時や早送り時にノイズが入ることがあります。

製品の欠点
未対応形式の音楽ファイル満載のフォルダの音楽を流そうとするとループ状態に陥りクラッシュする。起動すらしなくなりリセットボタンを長押しするまで文鎮化した。

特に良いと感じた機能

・録音機能
IMG_20170921_201038
サイドにある録音ボタンを押すだけで音楽を聞いている間やラジオを聞いている間にすら録音ができる。イヤホンを刺していなくても録音ができる。電源さえ入っていればとにかく録音できる。
なんらかの証拠を取りたいときには音楽を聞いているふりをしながらさり気なく録音ができます。音質もバッチリ。

・FMラジオ再生機能
IMG_20170921_201109
この価格帯でFMラジオが搭載された音楽プレイヤーは少ない。
自動選曲機能を使用すればまあまあの音質でラジオを受信できるので良い。

・起動速度
3秒とかやばい。すごく速い。よくわからない起動アニメーションも、謎ローディングも存在しない実用性特化の起動速度。直ぐに取り出してすぐ聴ける。地味にすごい。

総評価

音楽プレイヤーやボイスレコーダーを目当てに買うのなら良い製品。bluetoothイヤホンに対応していないのでその点は注意が必要。




スポンサーリンク

【Xposed】Chromeが使いやすくなるChrome pieを入れてみる。個人的に使ってる設定

この記事はroot化Xposedが導入されていることが前提です。
Android版のchromeを使っていて不便に思うことは、殆どの操作をする場合画面の左上を押さないとブックマークを開いたり殆どの操作ができないというところです。

しかし、このアプリを使用すれば画面の下や横を触るだけで戻る、進む、ブックマーク、画面検索、別のタブを開くなどの操作ができます。

chrome

とりあえず以下のリンクのXposed Repo Downloadと書かれているところのファイルをダウンロードしてインストールしてください。

[MOD][XPOSED] ChromePie - Pie Controls for Google Chrome [v0.7 - 20/08/2016]

chromepie
アプリがホーム画面にできていれば成功です。
デフォルトでも使いやすいのですが、個人的に使っている設定を載せます。
スライスを3枚にします。
chromepie
chromepie
chromepie
できるだけ一つのスライスに似た機能をまとめて入れておくと直感的に操作できます。
chrome

これがある場合とない場合では操作効率が全然違います。xposedを導入しているならできれば入れておきたいアプリです。
スポンサーリンク

Chromeのオフライン状態でできる恐竜の障害物避けが楽しい


結構前から知られているので新しくない上、ガジェットに関係ないですがハマったので書きました。
機内モードなどのオフライン状態で、AndroidやiOS版の「Chrome」アプリを立ち上げて表示されるこの画面のゲームです。PCのChromeでもできますが今回はスマホの方を取り上げます。

chrome
恐竜のマークをタップするといきなりゲームが始まります。
chrome
ルールは簡単で、恐竜が走り出すのでジャンプしてサボテンなどの障害物を避けます。
ジャンプは画面のタップで出来ます。スコアが多くなると走る速度が早くなり、障害物も多くなっていきます。
chrome
死にました。何回でも挑戦できます。
chrome
やっていると夜に突入した挙句、プテラノドン的な空を飛ぶ恐竜にぶつかりました。これは卑怯。

PC版の場合、操作方法にしゃがむ、急降下などが追加されているのでガチでスコアを取る場合はソッチのほうが良さそうです。

ゲーム的なものは下手くそなのでこれ以上先は無理です。
この先は君自身の目で確かめてくれ!!

死ぬほどつまらない時や、スマホで通信制限がかかった時におすすめです。





スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
  • 【レビュー】プレゼンに使える!バックライト付き「Ewin®ミニキーボード」
amazonアソシエイト