適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

VRゴーグル(VRメガネ)を着用したときの見え方について。(実際の見え方と近視の場合の見え方)

VRゴーグルを買う前は実際にどんな見え方をするのかが想像もつかなかったので、買うべきか買わないべきか迷っている方も多いと思います。なので買うときの参考にできるようにイメージ画像を作ってみました。今回使用するのはスマホをVRゴーグルに挟むタイプのものです。

VRゴーグルの使い方、動画を見る方法はコチラ

※あくまでも個人の感想です。しかも自分はこれ以外のVRゴーグルを使ったことがありません。
※株式会社エイシスの「なごみの耳かきVR」を使用して見え方を検証します。

よくあるVRの紹介だとこんな感じの画像で紹介されてますよね。
29
27

しかし、これでは実際にどんな見え方がするのかわからないのでVRメガネを着用した状態を画像で再現します。

vr見え方

視界全部が見えるわけではなく、レンズの形に沿って周囲が見えなくなります。目とレンズの間に隙間があるので仕方がないですが少し残念です。

では、近視の人はどうなるでしょうか。ピントの度数を-7まで強めます。
近眼見え方
可動式の覗き穴になりました。レンズと目の距離が離れるため視野が狭くなリます。

これはちょっと臨場感が足らないですね。ちなみに自分はこの状態でないとピントが合いません。

近眼バージョン2
近視の人が視力調節無しで使ったときのVRゴーグルの見え方です。楽しめないことはありませんが文字を読むには辛い見え方です。


他機種や高級なPlayStation VR、Oculus Riftがどのように見えるかわかりませんが、少なくとも目で見ているよりは視界が悪くなるのではと思いました。

ですから、目を動かしてVR動画やアプリを見ると見えない部分が気になって仕方がないです。

結論として、コンテンツを楽しむ上で気をつけることは、目を動かさず、首や体を動かして見るということだと思います。


PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-10-13


スポンサーリンク

初心者のためのVRゴーグル(VRメガネ)の使い方

衝動的にVRゴーグル(VRメガネ)が欲しくなり買ってしまいましたが、何に使ったら良いか分からなかったので適当にアプリとかを使ってみました。
VRゴーグルの実際の見え方についてはコチラ

今回は「VRアプリの探し方、使い方」「youtubeでVR動画を見る方法」を紹介します。

20170401_063559658_iOS

とりあえずスマホ(4~6インチぐらい)を用意します。今回はZTE AXON mini(5.2インチ)を使用しました。
20170402_122401225_iOS
「cardboard」起動中の画面

VRアプリの探し方、使い方

androidの場合

1,playストアで「cardboard」と検索してgoogleの純正アプリを手に入れます。

2,「cardboard」アプリを起動してとりあえずデモを試しましょう。

3,「cardboard」はマイライブラリがあるのでダウンロードしたVRのソフトがひとまとめにできて便利です。活用しましょう。

4,だいたいVRの操作がわかったと思うのでplayストアで「VR」と検索します。

5,適当に片っ端からダウンロードして使います。自分は、
Magic VR Video Player」,「なごみの耳かきVR」、「VR Roller Coaster」が気に入りました。

iphoneの場合
1,App Storeで「VR」と調べて適当に出てくるアプリを使いましょう。androidよりもコンテンツが少ないので上の方に出てきたやつを使えばいい感じです。
2,自分は、android版にもある「なごみの耳かきVR」、「VR Roller Coaster」をおすすめします。


25
「VR Roller Coaster」の画面。わーい。たーのしー。
20170402_124357483_iOS
「なごみの耳かきVR」の画面。ゴーグルから取り出すとこんな感じです。
20170402_124120764_iOS
ちなみに「なごみの耳かきVR」はVRゴーグルがなくても見ることができるのでゴーグルがなくとも手軽にVRっぽい体験ができます。


youtubeでVR動画を見る方法

この方法はandroid、iphone共に使えます。

1,youtubeを起動する。

2,「VR」、「360度動画」、「3D」と検索します。

3,動画が出てきたら眼鏡っぽいアイコンをクリックします。

BlogPaint

4,動画が2つに分割されればうまくいきました。VRゴーグルに装着して動画を楽しみましょう。
20170402_134715000_iOS

※うまくいかない場合やアイコンが見つからないときは
BlogPaint
右上にあるマークを押して「Cardboardで視聴」を選ぶとうまくいきます。
20170402_144443000_iOS
上記の方法ではVR対応でない動画も映画館で動画を見ているっぽくVR化されます。


おまけ
20170402_123515500_iOS
左に充電ケーブル、右にイヤホン。コレで電池切れや周りの音を気にせずVRに没頭できました。ただし動きづらい。


おすすめVRゴーグル
(VRメガネ)
定番のVR
ゴーグルです。これ専用のモードがあるアプリが存在するぐらい人気です。




近視の人におすすめのVRゴーグルです。自分はこれを使ってます。見た目もカッコイイです。





今回の記事で使用したアプリは
Magic VRの「Magic VR Video Player」、Fragの「VR Roller Coaster」、EISYS,inc.「なごみの耳かきVR」、Google Inc.「Cardboard」「YouTube」です。
スポンサーリンク

【レビュー】近視でも使える?Tao tronicsのVRゴーグル「TT-VR003」

なんかAmazonでセールやってたのでVRゴーグルを買いました。ついに自分もVRデビューです。

この手のものはOculus RiftやPS VRのようなPCやゲーム機から出力するものとスマホの画面を挟んで使う簡易的なVRゴーグルがありますが、今回買ったTao tronicsの「TT-VR003」は後者です。

VRゴーグルの使い方はこちら
VRゴーグルの実際の見え方はこちらを参考にしてください。



では紹介していきます。

20170401_062919290_iOS
外箱です。カッコイイ。


製品の特徴

他の製品が500°までとしている視力補正を700°まで補正できるから近視の人にフレンドリー。メガネ無しでも使える。(多分日本で言うレンズ度数-5~-7)

スマホが蓋ごと外せるのでVR動画を切り替えたりするときに一々ゴーグルを頭から外す必要がない

・左側にマグネットボタン搭載。google card boardとかについているマグネットボタンの互換品。対応しているスマホやコンテンツが少ない

とりあえず開梱します。

20170401_063012074_iOS
「テクノロジーは人生を向上させる」 なんか深いようなそうでもないような。

20170401_063337588_iOS
中身

1,TaoTronics VR ヘッドセット (型番: TT-VR003)
2,キャリーポーチ
3,スペア マグネット
4,ユーザーガイド
5,18ヶ月保証書
6,クリーニングクロス

20170401_063411646_iOS
横から。上のがマグネットボタン、下のツマミが焦点調節機能

20170401_063522646_iOS
下から

20170401_063500999_iOS
目に当てるところ。自分の持っているメガネ(チタンフレーム、黒縁セルフレーム)どちらも入りませんでした。メガネを着用しながら使用できません。


20170401_063559658_iOS
上から 上のスイッチはレンズ間の距離の調整機能

20170401_063615128_iOS
開きます。この蓋のところにスマホをはさみます。横側に隙間があるのでイヤホンも使えます。


使ってみた感想

まず自分は視力が0.02か0.01かそれぐらいの低い視力なのですが、キレイに見えました。

視力が悪いとメガネ対応のVRゴーグルかピント調節機能が優れたものを使わないと楽しむ事ができないのでその点では非常に良いものだと思います。

イヤホンを挿してVRを試しましたが、あまり違和感もなくVRコンテンツにのめり込むことができました。

装着感は目の周りに当たる部分が柔らかく作られていて長時間つけても付けても痛くないです。頭に装着する部分は、マジックテープで長さ調整ができるので首を振ってもはずれないようにできます。

操作性は、スマホの操作も蓋をパカっと取って操作して戻すことができるので、リモコン等を用意する必要もなく楽です。ただし左側のマグネットボタンはどこで使ったら良いかよくわかりませんでした。

色々と遊んでみて気が付きましたが、頭にスマホとゴーグルの重量が掛かるので首が痛くなります。映画のような長時間のコンテンツはテレビで見たほうが良いですね。

総評価

悪い点

・ゴーグルとスマホの重さが首に負担をかける。
・眼鏡使用不可

良い点

近眼でも裸眼で使用できる。
・装着感が良い。
・簡単にスマホが外せる。


使い方も簡単で自分のようなVR初心者にはぴったりでした。特に、高性能な焦点調節機能により人を選ばない所が良いです。

値段もPS VRやOculus Riftのような高価なものとは違いお手頃な価格なのでおすすめできます。








やっぱり入らない。裸眼で使えるから良いんですけどね...
20170402_1237
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
amazonアソシエイト