適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

【レビュー】BECASO 0.5m*3本ナイロン製Lightningケーブル 「0.5MPK」

今回はBECASOのLightningケーブルについてのレビューです。

「BECASO (0.5M*3本) ライトニングUSBケーブル lightning 2重編込の高耐久ナイロン素材 iPhone 7/ 7Plus/ SE/6 / 6 Plus / 5S / 5C / 5, iPad Air / Air 2、iPad mini / mini 2 / mini 3、iPad 第4世代、iPod nano 第7世代、iPod touch 第5世代に認識され、充電可能」

という製品名でなんとも機械翻訳っぽさが滲み出している製品ですが、0.5mのケーブル3本で999円という破格の値段に釣られて購入してしまいました。(2017/5/3時点)


普通、ナイロン製のLightningケーブルは一本1000円ぐらいするものだと思っていたのでこの製品は...すごいですね。

では製品を見てみましょう。

S__9486338

見てくださいこの包装。これはコスト削減の努力が感じられます。個人的には袋やダンボールのような簡易包装を見ると実家のような安心感を抱きます。。化粧箱も良いんですけどね。

S__9486339

中身
・0.5mLightningケーブル3本
・保証書
以上

まさにシンプルイズベスト。余計なものが削ぎ落とされ洗練された中身

S__9486340
BECASOの保証書の裏です。
2年保証っぽいですね。ちゃんと日本語サポートのメアドまで書かれています
JP 「BecasoJPonline@outlook.com」へ
平日に注文番号を添えてメール送ればサポートしてくれるということみたいです。
これは安心できますね。

話を戻して、製品の紹介を続けます。

48
47
45
43

見たところ製品の歪みやガタついたところはないですね。精度も悪くないです。

実際に3本のケーブルをiPhoneと接続してもスマホケースとの干渉をすることもなくすっぽりと接続でき、充電をすることができました。

49
cheeroのバッテリーとの相性抜群。長さもぴったりです。


ケーブルのさわり心地は思っていたより柔らかくしなやかな作りです。

アルミ製の接続端子は丈夫そうですが、ナイロン製のケーブルとの間樹脂でできた部分は太く作られているためより頑丈に作られているように見えます。

長さは、0.5mと純正ケーブルの1mと比べ半分の長さです。この長さだと、ノートパソコンとiPhoneを繋げたり、モバイルバッテリーでiPhoneを充電するのに適していると思います。

逆に、デスクトップパソコンや寝転がって充電しながらiPhoneをいじるのには向かないです。

製品の色は、アルミ部が薄めのピンク色で悪くない見た目です。しかし、ケーブルが黒とピンクの縞模様なので好きじゃない人もいるかもしれません。

ですが、人目を引くデザインなので落として無くしたりどこかに無くしてしまう可能性が減ると思います。


では他のLightningケーブルと比較してみます。
54
左からANKER PowerLine、当製品、Amazon Basicsです。左から順に細くなっていっています。
ほとんどのケースは左のケーブルが使用できるギリギリの太さなので干渉問題はあまりないと思います。
柔らかさは、当製品>
ANKER PowerLine>Amazon Basicsで、見た目から想像できない結果でした。

製品の評価

良い点
丈夫なのにしなやか
・長さが短くてモバイルバッテリーとの相性がよく持ち運びにピッタリ
・人目を引くデザインで無くしてもすぐ見つかりそうに見える
コスパが良い
・安心できる保証つき

残念な点
人を選ぶケーブルの色
短いので使用用途が限られる。


全体的に悪い点があまり見られず、モバイルバッテリーと繋いで充電するなどの使用用途に合うならばコスパの良い製品だといえます。折り曲げに強く、もし壊れても保証があり、しかも安い。これは非の打ち所が無いですね。



スポンサーリンク

すぐできるパソコンのウイルス対策 ランサムウェアなどに対抗する方法 1~7


最近、ランサムウェアだとか遠隔操作ウイルスだか怖いウイルスやマルウェアがネット上に溢れているみたいなのでそれらを防ぐための対策を書いてみようと思います。

まず、コンピューターウイルスやマルウェアと呼ばれる悪質なソフトは、パソコンを破壊する目的のものや、不特定多数の人に迷惑メールを大量に送りつけたりSNSに勝手に書き込みをするもの、普通に動作しているように見えるソフトの裏で、個人情報を盗み出すものなどたくさんあります。

最近は特に、ランサムウェアと呼ばれるパソコンの中身を使えなくして、使えるようにするために金を払えと要求するものが増えてきています。

これらの悪質なウイルスやマルウェアは、メールの添付ファイルや、ネットからダウンロードしたソフトを実行したときに入り込むことが殆どで、少し気をつければパソコンにウイルスが感染する可能性を下げることができます。

wannacry (2)
(画像引用元:トレンドマイクロhttp://blog.trendmicro.co.jp/archives/14873)
7つのウイルス対策

1,ウイルス対策ソフトをパソコンに導入する。

ウイルスについてよくわからない人はとりあえず近くの家電量販店に売っている「ウイルス対策ソフト」を購入し、パソコンにインストールしましょう。ウイルス対策ソフトの最大のメリットは、自動的にパソコンをウイルスに強い状態にしてくれることです。ぜひ導入しましょう。

対策ソフトには、ノートン、カスペルスキー、ウイルスバスターetcとたくさんの種類がありますが、どれを選んでも「ウイルス感染を防ぐ」「ウイルスを見つける」「ウイルスを削除する」の基本の機能が搭載されているので問題ありません。個人的には軽いESETや性能の高いカスペルスキーがおすすめです。

インターネットには無料のウイルス対策ソフトがありますが、ウイルスを未然に防ぐ機能が無いものがあったり、検査だけしてウイルスの削除は有料版を買えと勧めてくる物があるのでよく調べてから使いましょう。個人的にはAVG,Avastがおすすめです。

2,パソコンやスマホのアップデートは最新にする。

ウイルスは、スマホやパソコンのバグやら弱いところやらとにかくスキのあるところを狙って入って来る傾向にあります。ですから、弱点がよく知られているwindowsXPのような古いOSや、アップデートをせずに放置してあるパソコンやスマホだとウイルスが入りやすいです。できるだけ最新のものを使いましょう。

3,安易にメールの添付ファイル、URLリンクを開かない。

知らない人から来たメールはもちろん、知っている人からきたメールでも、もしかしたらメールアカウントが乗っ取られているかもしれません。添付ファイルについての説明が書かれていない場合、ファイルを開かないようにしましょう。もし開く場合でも、ウイルス対策ソフトでウイルスチェックをしましょう。httpから始まるURLリンクに関しても、開いた先のページでウイルスに感染する可能性があります。気をつけましょう。

4,信頼できないソフト、アプリ、アドオンをインストールしない。

インターネットには、たくさんのソフトやアプリ等が無料でダウンロードできる場所があります。もちろん、安全なソフトがほとんどだと思いますが、海外のサイトや少し怪しいサイトでは、有用なソフトに見せかけてパソコンに悪影響を与えるソフトをダウンロードさせる場合があります。

また、有料のアプリを無料でダウンロードできると言うようなサイトでは、中にウイルスを仕込んでいるものもあります。

もちろん、安全なソフトをダウンロードしたくても、一度そういったサイトを経由しなくてはならない場合もあります。ですから、ダウンロードした後には必ず対策ソフトでウイルスチェックをしましょう。

5,拾ったUSBメモリーやCDをPCに繋がない。

ウイルスをばらまく人の中には、わざとウイルス入りのUSBメモリを道端に落としておいて、拾った人のパソコンを壊したり、パソコンをハッキングすることを目的としている人がいます。もしUSBメモリを拾っても自分のPCには繋がず、警察に届けるようにしましょう。

6、定期的にパソコンのバックアップを取る。

もしパソコンにウイルスが入って中のファイルが開けなくなったり、パソコンに広告が表示されまくるような事態に陥った場合、対処ができないと判断できることがあると思います。

そういったことが起きる前に、「外付けハードディスク」にパソコンの中身をすべてバックアップしておきましょう。

こうすればウイルスに感染しても感染する前の状態に戻せるので安心してパソコンが使えます。

ただし、ランサムウェアのようなマルウェアはパソコンとパソコンに接続されたすべての記憶媒体(USBメモリ、外付けハードディスクなど)に感染するので、バックアップをした後は必ずパソコンからケーブルを取り外し、何にもつながってない状態にしましょう。



7,インターネット、USBメモリ、CD、外付けハードディスク等外部との接続をしない。

もっとも効果的なウイルス対策はパソコンに何も繋がないことです。さすがに完全に独立した状態のパソコンにはどんな凄腕ハッカーでも侵入できません。さすがにネットに接続しない場合パソコンの存在意義を半分ぐらい失うことになるのでおすすめしませんが、最高のセキュリティを求める場合や、業務上でワードやエクセル、計算ソフト等のみを使用するなど限定した用途に使用する場合おすすめです。


7番はあまり役に立つ機会はありませんが、1~6番までを気をつけながらパソコンを使えば、ウイルスを防ぐことができて、ウイルスに感染しても冷静に対応することができます。ぜひ実践してください。

もしランサムウェアに感染したら・・・

①明らかにPCがおかしいと感じられる挙動を始めたら、電源をすぐに切る。

②無線LAN、LANケーブル等のインターネット接続を遮断する。

③USBメモリなど重要なデータの入った記憶媒体を外す。

④バックアップがあれば復元、出来なければOSの初期化する。



一つのパソコンに感染すれば、同一ネットワーク上のパソコンやハードディスクにも感染し、あらゆるデータを使用不可能にする可能性があります。速やかにパソコンを何にもつながっていない状態にしましょう。














スポンサーリンク

【レビュー】GanRiver スマートブレスレット(SW321-J2 心拍計付き)B06XBJZ9M4


今回はGanRiver スマートブレスレット(SW321-J2 心拍計付き)を購入しました。

【レビュー】比較!Ganriver対TINCINT スマートブレスレット(B01LAUEE50)ここで類似製品との比較もしています。



購入ページにはスマート「ブレスレット」と書いてありましたが、時計がついているのでスマートウォッチの親戚です。


20170429_065217292_iOS

見てくださいこのオシャレな箱。てっきりダンボールの箱の中に入って届くと思っていたので良い意味で裏切られました。

20170429_065658334_iOS
なんとこの箱、表面がマグネットで開くようになっていて中身が見えるんです。すごい...


この手の蓋を開けて中身が見える箱は、イヤホンのRHA MA750やSENNHEISER HD598でしか見たことがなかったのでこれは高級品っぽい箱であることは明らかです。

20170429_065904533_iOS

20170429_070035338_iOS

内容物
・スマートブレスレット
・USB充電器ケーブル(独自仕様)
・説明書(日本語説明あり)

箱の中身はめちゃくちゃシンプルで説明書を見なくても一目瞭然。余計なものが一切入ってないので何を何に使ったら良いかがすぐわかります。

とりあえずこの製品の特徴を紹介します。

スペック
歩数計、心拍計、 睡眠計、 着信電話通知、 リモートカメラ撮影、 長座注意、 置き忘れ通知、SMS通知(LINE非対応)、目覚まし通知、時間表示、携帯探し、データ同期、運動データ分析。でバイブレータがついている。

連続使用時間:リチウム電池70mAhを内蔵され、連続動作は5~10日間
防水
IPX7でちょっと水につけたぐらいなら問題ないレベルの防水性
重さ:25g

iPhone,Android両対応

スマートウォッチといえば1日で電池が切れる製品が多いのでこのバッテリーの持ちの良さはこの製品の良さだと思います。重さも25gとその辺の時計と比べてもダントツに軽いです。


20170429_070918454_iOS

真ん中の部分は心拍計、左側のやつは充電用の部分です。

20170429_071000969_iOS

こんな感じに充電ケーブルを接続することができます。USBはパソコンでもスマホの充電器でも充電できます。
20170429_072859841_iOS

若干Appleを意識したみたいなリストバンド。硬いので付けるのにコツが入ります。

そのままでは時計がデフォルト設定のままなのでスマホで専用アプリをダウンロードする必要があります。


まず、App StoreやGoogle Playで「Veryfit for heart rate」で検索してダウンロードします。
20170429_152528000_iOS

その後にbluetoothをオンにしてアプリを起動するとスマートブレスレットと同期できます。
20170429_152537000_iOS

20170429_071108057_iOS
設定完了。時間とかもぴったりと合います。

操作方法は簡単で、横についているボタンを押すか画面の下についているなんか丸い部分をタッチすると機能が変わります。

細かい設定は全部アプリの操作でやってスマートブレスレットは表示を変えるのがメインです。

気になる電池の持ちですが、ブレスレットはかなり電池が持ちます。

逆にスマホはbluetoothの影響でガンガンバッテリーが減ります。

基本的に単体で使用できるので、bluetooth接続無しで利用し、一日に一回スマホと同期させると良いと思います。

※同期はアプリの画面で下に引っ張るとできます。


使ってみた感想まとめ

良い点
電池が長持ちするので寝るときに付けていられるので時計として実用可能
振動で起こしてくれる目覚まし機能が有能(起きられるとは言ってない)。
歩数計と心拍計がついているので運動時に便利
防水機能が高いので汗とか雨を気にせず使用できる


残念な点
・充電器に汎用性がない。
LINE通知がつかえない。というよりtwitterとfacebookしか通知できない。
・bluetoothでスマホ側の電池がガンガン減る。

※5/3追記:veryfit proというアプリを使用することでMessageなどSMSに対応します。動作保証はできません。もちろんbluetoothはオンでないと使えません。

※6/24【レビュー】最強のスマートブレスレット?GanRiverLine通知対応防水スマートブレスレット「SW321」同メーカーの高性能機種も使ってみました。
機能がはっきりしているので「何に使うか」使用目的に合っていると思うなら買っても良い製品だと思います。逆に、アレもこれもやりたいと思う場合はapple watchのような多機能高性能機種を使用するべきです。

↓は今回紹介した製品の上位機種です。汎用USB充電機能、防塵機能、Line通知機能、音楽操作機能が追加された完璧機種です。数百円の余裕があればコチラをおすすめします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
amazonアソシエイト