適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

【レビュー】今だからこそ買いたいZTE AXON mini SIMフリースマートフォン

結構前に買った中華スマホであるZTE AXON mini。

久しぶりに価格を見たらかなり値下がりしていて驚きました。

なんと14,800円(2017/05/06)!!

実際に使用して何不自由なく動作し、ゲームだろうがVRだろうがとりあえず動く良端末なので紹介したいと思います。
20170508_075650931_iOS
致命的なまでに写真の写り方が悪いです。ごめんなさい

※5/8写真を差し替えました。
差し替え前はコレ
スペックは
OS:Android 5.1
CPU:Qualcomm Snapdragon 615
容量:ROM 32GB
メモリ:RAM 3GB
バッテリー:2800mAh
画面サイズ:5.2インチ1920x1080
パネル種類:有機EL
Bluetooth 4.1
テザリング、LTE対応
無線規格:802.11 b/g/n/ac(2.4GHz,5GHz両対応)
背面カメラ:1300万画素
前面カメラ:800万画素
撮影用フラッシュあり
GPS対応
ハイレゾ対応(
旭化成エレクトロニクス(AKM)製のオーディオチップAKM4961を採用)
加速度、ジャイロ、地磁気、照度、近接センサーあり
指紋認証
デュアルSIM(国内使用の場合実質一つ。もう一つのsimは代わりにmicroSDカードを入れます。)
132g

とりあえずアプリで不具合が発生しづらくてカメラの性能がまあまあ良くハイレゾ音楽が聞けて、なんか画面が綺麗に映るPokemon GoやVRゲームがちゃんと動くスマホという認識でいいです。


20170508_073800675_iOS
iphone6sと互角かそれより早い気がする指紋認証がついています。
背面は上下のアンテナ部を除く大部分がアルミニウム製で、Designed in the USAと書かれています。

アンテナ部といい正面のスピーカ部といい謎の装飾がついているのが面白い製品です。
悪趣mini(axon mini)という悪口を言う人も居ますが...
。少なくとも人のスマホと見間違えることが無いという意味では良いやつです。
20170506_105300586_iOS
見れば分かるんですけど本当に薄いんですよね。重さも132gしかないのでiphone6sの143gより軽いです。


性能も、初心者のためのVRゴーグル(VRメガネ)の使い方とかでちょくちょくでてきたんですけどそVRの動画やゲームを動かすことができるぐらい性能が良いです。

確かにギャラクシーやエクスペリアみたいな高級なスマホと比べたら性能が低いですが、サブ用の端末としてはかなり良い製品です。

ちょうど安くなっていて手が届きそうな価格なので買ってみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク

【レビュー】Pinhen 腕時計、スマートウォッチ互換ステンレススチールメッシュベルト(バンド)


今回は、ZenWatch2などの一部のスマートウォッチ等のウェアラブルデバイスに使用することができる腕時計用
ベルト(ベルトバンド長さの調節の仕方を紹介します。

この製品は、「Pinhen腕時計 ステンレス メッシュ ベルト ステンレス鋼ミラネーゼ」というものですが、
AppleWatchでいうミラネーゼループという種類のベルトで、クラシカルな見た目の時計によく使われるやつです。太さは16mm~26mmまであるので殆どの腕時計、スマートウォッチに使用できるでしょう。

ではレビューしていきます。

20170506_065559048_iOS
買った時(2017/05/04)には860円という値段だったので簡易包装かなと思っていたのですが、箱でした。これは予想外です。


20170506_065702335_iOS
中身
ミラネーゼループベルト(18mmシルバー)x1
・スライド式バネ棒x2
・バネ棒外しx1

豪華な中身です。
ベルト単体とバネ棒ぐらいしか入ってないと思っていましたが、バネ棒を外すやつまで入っていたので工具を自分で用意する必要がなかったです。
20170506_065801941_iOS
左が付属品で右が一般的な時計のバネ棒とバネ棒外しです。
付属のバネ棒のすごいところは、素手でもバンドの交換ができることですね。


ではこれからベルトを交換してみようと思います。

しかし、残念なことに私は腕時計はいくつか持っていますが、スマートウォッチ的なものはコレしか持っていないため今回はSEIKO5という腕時計で試してみます。

20170506_065817277_iOS
こんな感じのシンプルな時計で試してみます。

20170506_070225096_iOS
はい。できました。右のはもともとつけていた1000円のベルトです。ぶっちゃけここに載せるまでもなく簡単に取り替えできたのでいきなり完成です。

これで昭和の香りのする腕時計ができました。ベルト一つでイメージが変わるのでいくつも付け替えると面白いですね。

最後に、ベルトの長さ調節です。
20170506_070858534_iOS
付属のバネ棒外しでもマイナスドライバーでも良いので時計を裏返してテコの原理でこじ開けます。
ぶっちゃけズボンのベルトとやり方は変わりません。

20170506_070910371_iOS
カパッと簡単に開きました。後は位置をちょうどいい辺りに動かして戻すだけです。

夏場につける場合、汗で蒸れて嫌になってしまうのでゆとりを持った長さが良いです。
おすすめの長さは、人差し指が一本入るぐらいです。

付けてみて、値段の割に品質が良いと思いましたが、腕時計の着脱がすこしめんどくさいと思ったのでそこがマイナスポイントです。


総評価

良い点
・簡単に交換できる
・高そうな時計に使われているベルトが安価に手に入る。
・一部のスマートウォッチにも使える。

悪い点
・仕様上蒸れやすい
・着脱がめんどくさい。

良い商品だと思います。私はその日の気分で腕時計のベルトを交換するタイプなのでこの手のものはいくつも持っていますが安いものをみるとやっぱり買ってしまいますね。

腕時計はもちろん、スマートウォッチでもベルトを交換すると時計のイメージがガラッと変わるので、人に「時計変えた?」と言われること間違いないでしょう。安いので試しに買ってみると面白いと思います。

ZenWatch2用は22mmです。長さを間違えないように購入しましょう。








スポンサーリンク

【レビュー】BECASO 0.5m*3本ナイロン製Lightningケーブル 「0.5MPK」

今回はBECASOのLightningケーブルについてのレビューです。

「BECASO (0.5M*3本) ライトニングUSBケーブル lightning 2重編込の高耐久ナイロン素材 iPhone 7/ 7Plus/ SE/6 / 6 Plus / 5S / 5C / 5, iPad Air / Air 2、iPad mini / mini 2 / mini 3、iPad 第4世代、iPod nano 第7世代、iPod touch 第5世代に認識され、充電可能」

という製品名でなんとも機械翻訳っぽさが滲み出している製品ですが、0.5mのケーブル3本で999円という破格の値段に釣られて購入してしまいました。(2017/5/3時点)


普通、ナイロン製のLightningケーブルは一本1000円ぐらいするものだと思っていたのでこの製品は...すごいですね。

では製品を見てみましょう。

S__9486338

見てくださいこの包装。これはコスト削減の努力が感じられます。個人的には袋やダンボールのような簡易包装を見ると実家のような安心感を抱きます。。化粧箱も良いんですけどね。

S__9486339

中身
・0.5mLightningケーブル3本
・保証書
以上

まさにシンプルイズベスト。余計なものが削ぎ落とされ洗練された中身

S__9486340
BECASOの保証書の裏です。
2年保証っぽいですね。ちゃんと日本語サポートのメアドまで書かれています
JP 「BecasoJPonline@outlook.com」へ
平日に注文番号を添えてメール送ればサポートしてくれるということみたいです。
これは安心できますね。

話を戻して、製品の紹介を続けます。

48
47
45
43

見たところ製品の歪みやガタついたところはないですね。精度も悪くないです。

実際に3本のケーブルをiPhoneと接続してもスマホケースとの干渉をすることもなくすっぽりと接続でき、充電をすることができました。

49
cheeroのバッテリーとの相性抜群。長さもぴったりです。


ケーブルのさわり心地は思っていたより柔らかくしなやかな作りです。

アルミ製の接続端子は丈夫そうですが、ナイロン製のケーブルとの間樹脂でできた部分は太く作られているためより頑丈に作られているように見えます。

長さは、0.5mと純正ケーブルの1mと比べ半分の長さです。この長さだと、ノートパソコンとiPhoneを繋げたり、モバイルバッテリーでiPhoneを充電するのに適していると思います。

逆に、デスクトップパソコンや寝転がって充電しながらiPhoneをいじるのには向かないです。

製品の色は、アルミ部が薄めのピンク色で悪くない見た目です。しかし、ケーブルが黒とピンクの縞模様なので好きじゃない人もいるかもしれません。

ですが、人目を引くデザインなので落として無くしたりどこかに無くしてしまう可能性が減ると思います。


では他のLightningケーブルと比較してみます。
54
左からANKER PowerLine、当製品、Amazon Basicsです。左から順に細くなっていっています。
ほとんどのケースは左のケーブルが使用できるギリギリの太さなので干渉問題はあまりないと思います。
柔らかさは、当製品>
ANKER PowerLine>Amazon Basicsで、見た目から想像できない結果でした。

製品の評価

良い点
丈夫なのにしなやか
・長さが短くてモバイルバッテリーとの相性がよく持ち運びにピッタリ
・人目を引くデザインで無くしてもすぐ見つかりそうに見える
コスパが良い
・安心できる保証つき

残念な点
人を選ぶケーブルの色
短いので使用用途が限られる。


全体的に悪い点があまり見られず、モバイルバッテリーと繋いで充電するなどの使用用途に合うならばコスパの良い製品だといえます。折り曲げに強く、もし壊れても保証があり、しかも安い。これは非の打ち所が無いですね。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
amazonアソシエイト