適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

ガラスフィルムを買うときに気をつけたいこと。フィルムよりケースにこだわるべき理由

ここでは、
・フィルムを買うときに気をつけたいこと
・ケースを買う上で気をつけたいこと
を書いていきます。


皆さんは、iPhoneやAndroidのようなスマホを買った後にフィルムを貼るタイプの人でしょうか。それとも何も貼らずに使う人でしょうか。

私はiPhoneにはガラスフィルムを貼っていますが、以前は普通のペラペラしたフィルムを使っていました。

両者を比べてみて、一つわかったことがあります。

それは、「ガラスフィルムは普通のフィルムより耐久性が低い」ということです。


よく、ガラスフィルムを買うときに、9H、8Hと書かれたり、ゴリラガラス採用とやけに硬さを自慢している製品があります。

しかし、9Hは、「ビッカーズ硬度」という硬さの指標であり、せいぜい爪、鉛筆、普通の鉄より硬いぐらいです。

これは、硬そうに見えますが、鋼やその辺に落ちている砂よりも柔らかいのですぐ傷が付く可能性があります。

ですから、ガラスフィルムの売りである「傷がつかない」というのはあまり参考になりません。

ちなみに普通のフィルムは3Hとか4Hなのでそれよりは傷がつかないのは事実です。

では、ガラスフィルムのどこが良くないのか言いますと、フィルムがすぐ割れるというところです。

特に、0.2mm、0.1mmと言った極薄をうたう製品は、「貼るときにすぐ割れる」、「落としたらすぐ割れる」「割れたものを剥がそうとすると本体に傷がつく」、と私のような不器用な人間には不向きな製品です。

更に、薄いので貼り直しができません。

これなら、分厚いPET素材の耐衝撃フィルムとか貼ったほうがいいです。


では、ガラスフィルムを買うメリットは何でしょうか。

メリットは

  • 画面のさわり心地が変わりにくい
  • 画面の正面からの衝撃から保護できる
たぶんこれぐらいです。どうせ角からスマホを落とせばガラスは割れるのでメリットはそれぐらいしか無いです。

だから、高いガラスフィルム買うぐらいなら100均のフィルムでもいいし、もしガラスフィルムが必要なら、できるだけ分厚い0.3mm~0.4mmのものを選びましょう。分厚ければそれだけ正面からの傷がスマホ本体に到達しにくくなります。



高いのは買わなくて良いんです。どうせ消耗品ですから。傷がついたら新しいのにすぐ買えましょう。


どちらかと言えばこの手のPET製フィルムのほうが長く使えますね。


スマホのケースを買うときに気をつけたいこと

スマホのケースには、プラスチック、TPU製の全体を覆うもの、手帳型ケース、バンパー、耐衝撃系のごついやつ等の種類がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

とりあえず現在流行っている系統のものは、手帳型ケースと耐衝撃系のスマホケースです。次点でTPUのものでしょうか。
これらに共通しているのは落としてもスマホが壊れにくい物が多いという点です。



今回は、特に手帳型ケースを買う上で気をつけたいことを2つ紹介します。

スマホを固定する部分の素材はTPUを選べ!!

 プラスチック製の素材を使っているものは落とすと簡単に割れて、スマホ本体が地面に叩きつけられるおそれがあります。買うときには材質を見て買いましょう。

マグネット式は磁気カードを破壊し、コンパスを狂わせる。

  磁石を使用したマグネット式の蓋がついたケースは、クレジットカード、や電車の切符など磁気を使用したものを使えなくします。カード入れが付いているケースも多いですが、SuicaやEdyのようなICカード以外は入れないようにしましょう。

 また、スマホで地図を見る時、マグネット式の蓋と電子コンパスが干渉し、自分が向いている方向をめちゃくちゃにします。これは、始めて行く土地で地図を使うと迷子になる可能性があるということなので危ないです。

そんなわけで、それらの欠点を持たないスマホケースはこれです。


若者に大人気。スマホの角がしっかり保護され落としても壊れにくいスマホケースです。これを使えば問題はほぼ起きないでしょう。


これは磁気カードでも使えるボタン式の留め金を採用した手帳型ケースです。この手のものを使えば切符でもクレカでも安心して挟めます。しかし、スマホ本体を引っ付けるケース部分が頼りないのではじめからついているのを剥がして
TPUケースを接着すると良いです。


スポンサーリンク

【レビュー】比較!Ganriver対TINCINT スマートブレスレット(B01LAUEE50)

以前買ったスマートブレスレットにそっくりなものが別メーカーで売っていたので、今回はそれらを比較し、どこが違うのかを検証してみたいと思います。

GanRiver スマートブレスレット(SW321-J2 心拍計付き)
TINCINT スマートブレスレット
この2つですね。

とりあえずTINCINT スマートブレスレットの方をざっくりとレビューしていきます。
20170515_034216570_iOS
まず外箱ですがほとんど違いがありません。

GanRiverの方はyour health trackerの文字の後に型番(SW-321)が書いてあった気がしますが、コチラにはないみたいです。すごくどうでもいいですね。


20170515_034551107_iOS
付属品も殆ど変わりませんが、説明書が日本語のものしかありません。特徴としては、コチラのほうが紙質が良く、カラー印刷が使われているという点があります。そして、説明書の日本語がより難解になっています。

「雨垂れ石を穿つ 勉強止まらない」カッコイイことわざも「勉強止まらない」の文字で台無しになっています。


20170515_034349765_iOS
充電形式もGanRiverと同様で、USBから独自端子にて充電をする形式です。

20170515_034626268_iOS
本体の操作、機能、使用するアプリ、全て同等です。何が違うのでしょうか。

使い方は【レビュー】GanRiver スマートブレスレット(SW321-J2 心拍計付き)B06XBJZ9M4
を読んで下さい。全く変わりません。


TINCINT スマートブレスレットの製品の特徴

  • GanRiverよりブレスレットのカラーが豊富でオレンジ、ブラック、ブルー、紫、緑の5種類から選ぶことができる。
  • これを買うとiPhone6s用のガラスフィルムが無料でプレゼント。ただしカゴに対象製品を入れる必要がある。(2017/5/15時点)
  • 説明書が上質
  • 日本語がより怪しい
  • 型番が不明
  • 技適認証が不明
  • 若干安い

総評価

カラフルな色やガラスフィルムに惹かれたならコチラのスマートブレスレットを選択するほうが良いです。ただし少し怪しい製品です。




下は技適取得済み。左下のマークがその証拠。
スポンサーリンク

【レビュー】AMDユーザー必見!!AOC 21.5インチゲーミングモニタ G2260VWQ6/11


今回はAOCという日本ではあまり聞かないメーカーのゲーミングモニターについてレビューしたいと思います。
製品名はAOC ゲーミングモニタ G2260VWQ6/1121.5インチのモニターです。


ゲーミングと名前がつくだけのことがあり、TNパネルを採用した製品です。応答速度が5msでオーバードライブモードで1msを達成することができるので以前紹介したBenQのモニターと比較するとよりゲームに特化した感じがしますね。

では製品を見てみましょう。
S__7749819
なんかいかにもゲーミングっぽい箱に入ってます。普通のモニターはダンボール感のある箱にそのまま入っている事が多いので珍しいですね。2台購入したので後ろにも見えています。

中身
  • 本体
  • D-subケーブル
  • HDMIケーブル
  • Displayportケーブル
  • AUDIOケーブル
  • ドライバCD
  • 説明書

となっています。DVI接続に対応していないので注意が必要です。



スペック

  • 21.5インチフルHD(1920x1080)
  • ノングレア(非光沢)
  • TNパネル
  • 消費電力30w
  • フリッカーフリー
  • D-Subx1
  • HDMIx1
  • DisplayPortx1
  • 垂直角度調節機能
  • 音声出力端子
  • VESAマウンタ
  • 通常5ms オーバードライブ時:1ms(GtoG)
  • 3.03kg

FreeSyncテクノロジー

AMD製のグラボ(GPU)と液晶モニターを同期し、ティアリングやスタッタリングを防ぐことができる。

※ティアリング:画面のチラつきや歪み

※スタッタリング:リフレッシュレートが変わるときに一瞬画面表示が固まる現象(ゲームでは致命的)


AOCシャドウコントロール

ゲーミングモニターによくある機能。極端に暗い画面の一部分のみを不自然に明るくすることでFPSなどでの見えにくい暗い画面を明るくできる。この機能をオンにしたままホラー映画を見るとギャグになる。


豊富な画面設定

ゲームモードやFPSモードなどゲームに特化した画面設定を一瞬で選択できるので自分で一々画面の明るさや上記の機能をオンオフする手間が省ける。


AOCアンチブルーライトテクノロジー

画面の明るさや色合いをほぼ変えることなく有害とされる波長を約90%カットすることができる。

色付きでないブルーライトカット眼鏡みたいな機能。ないより有ったほうが目に優しい気がする。


フリッカーフリーテクノロジー

古いモニターだと目が疲れる主な原因。最近のモニターならどんなに安いものでも搭載されているためあまり目新しさを感じないがいちばん重要な機能。
S__7749827ee
とりあえずFPSモードにして明るさをマックスまで上げてみました。(画面の色がわかりやすいように背景を消してます。)


設定画面がオシャレですね。


やはり暗い画面を明るくする設定だからか全体的に色が変化しているように見えます。


スクロールをしたときに遅延による残像のようなものは一切見られませんでした。さすが1ms。


視野角に関して言えば10年前に使っていたTNパネルのモニターと比較すれば明らかに見える角度が広がっています。技術は進歩しているという証拠ですね。

AMDのグラボで発揮されるというFreeSyncテクノロジー?ですがAMDのグラボを使用しているPCでためしましたがゲームをやらないのでよくわかりませんでした。


使ってみた感想


残念な点

  • IPSモニターに劣る視野角
  • 23インチに慣れていると小さく感じる
  • そもそもAMDのグラボを持っていないとモニターの真価を発揮できない。

良い点

  • 圧倒的な反応速度
  • オサレ系画面設定画面
  • AMDグラボ搭載パソコンとの相性の良さ
  • 豊富なプリセット画面設定
  • フリッカーフリー
  • FPSで暗い所がよく見える謎テクノロジー
  • 小さめのゲーミングモニターなので場所を取らない。

総評価


値段がそれなりに安く、サイズが小さめのゲーミングモニターなのでデュアル、マルチモニターがやりやすいです。2枚、4枚と大量に並べてプロ気分を味わうことができると思います。

ゲーマーやトレーダーにとっては「応答速度が良く、たくさん並べられる」という点は非常にメリットだと思います。


ただ、ゲームをするならAMD系のグラボを持っていたほうがより良い体験ができると思います。


もちろん普通に使用するのには何不自由無いのでおすすめです。











スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • Amazon Musicで音楽を聴くと抽選で合計100人にBOSEの最新スピーカーが当たる。~10/9まで
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
  • 【レビュー】多機能で視認性抜群!「Yamay 1.54インチHD画面スマートブレスレット」
amazonアソシエイト