適当に買ったガジェットblog

主にネット通販で買ったPC・スマホ周辺機器についてレビューしていきます。 中華製品多めです。また、PCやスマホの豆知識を書いていきます。

新型iPad(2018)レビュー。使い心地とAntutuのスコア比較。実測17万4552点



3月27日(現地時間)に発表されたばかりのApple Pencil対応型iPad(6th generation)の128GBシルバーを実際に購入し、今日到着しましたのでレビューしてみようと思います。

とりあえず使ってみた感想と、一緒に購入したケース、フィルムなどについてもレビューしていきます。

20180330_044924042_iOS

いつものシンプルな箱。
20180330_045004689_iOS
20180330_045049836_iOS
20180330_045150953_iOS
付属物もいつもの通り。Lightiningケーブルと充電器(10W)、りんごのシールです。

説明書には「iPadのディスプレイはApple Pencilに対応しています。」の文字があります。
20180330_045225863_iOS
背面も特に変わったことはありません。ですが、この普通な感じがとても嬉しいですね。
iPad ProやiPhone8などで見られるカメラの出っ張りがない。地味ですが重要なポイント。

20180330_045306312_iOS
早速電源をつけました。起動速度はiPhone8より少し遅いぐらい。

20180330_045635908_iOS
iPhoneは全力でケースやフィルムで保護する主義なのでiPad(2018)対応のやつを取り付けます。
20180330_050628664_iOS
20180330_050708792_iOS
20180330_050718357_iOS
20180330_051802288_iOS
指紋認証やらSiriなどの設定を終わらせ使ってみます。
20180330_053302920_iOS
Apple Pencilやクレヨンは使う予定がないので類似製品を使用。

20180330_053318399_iOS


メモ帳で文字を書いてみました。今回使用したタッチペンはiPhoneでも使える普通の静電式なので傾きや筆圧の感知機能は全くついていません。

ですが、iPadAirと比較して、ペンの筆跡がなめらかでいい感じです。

iPad proはリフレッシュレートが120hz、このiPad(2018)は60hzと半分の速度ですが、CPUがiPhone7相当のA10 Fusionが使われているおかげかストレスなく文字を書くことができました。






・iPad(2018)vs iPhone8のAntutuでのベンチマークスコア比較

次にAntutuで性能を測定しました。


まずこちらがiPhone8のスコアです。191404と破格のスペックを出しています。

20180330_082120000_iOS




これがiPad(2018)のスコアです。174552とiPhone8と比べて性能が落ちていますが、1世代前のiPhone7のスコアが173000ぐらいで、CPUも同一のものなのでこんなもんだと思います。

20180330_082256000_iOS

と思いましたが、よく見たらCPUスコアは54106でiPhone8より高いです。逆にネックとなっているのは3DとUXです。iPhoneよりもグラフィックの表示が苦手みたいなのでゲームやレイヤーの多いイラストには不向きかもしれません。

まとめ



iPad Proと比較するとSmart Keyboardが使えなかったり、TrueToneが非対応であったりところどころ機能が削られています。スピーカーも2つしかついていません。ですから劇的な体験や性能に期待して買う場合はガッカリします。

ですが、使用用途がはっきりしている場合にはとても良い製品になると思います。

(例:Apple Pencilが使いたい。iPad Airからアップグレードしたいなど)

実際、Slide Over機能やSprit Viewなどの機能はヌルヌル動いてストレスを感じさせない動作で、アプリを多重起動させてもなめらかに動いてくれました。ネットサーフィンやちょっとしたお絵かきを目的とするならベストな選択だと思います。




購入したケースとフィルム。ピッタリとしたサイズで良かったです。






スポンサーリンク

【セール】ついにAmazon Echo Dotが一般販売開始。期間限定で1500円OFF


アマゾンのスマートスピーカー「Amazon Echo」がついに一般販売を開始しました。

ついでにEchoDotが1500円オフの4,480円で販売されるみたいです。

機能としてはアマゾンで注文したり、ニュースや天気の読み上げ、タイマーやアラームのセット、音楽の再生などができるらしいです。

より上位のモデルもありますが、お試しで使って見るにはこのEchoDotでも十分に使えると思います。興味のある方はポチってみるのもありですね。







スポンサーリンク

apple pencilに対応した9.7インチiPadの特徴(2018/03/28)

2018/03/28発表のiPad(第6世代)
1522402712721



37,800 (税別)~

ディスプレイ:9.7インチ
Retinaディスプレイ2,048 x 1,536ピクセル)Apple Pencilに対応

プロセッサA10 Fusion
A8との比較でCPUが2倍高速、グラフィックスが2.7倍高速らしい)

容量:32GB,128GB

カメラ:背面8メガピクセル、前面1.2メガピクセル


スピーカー:ステレオスピーカー

Touch ID搭載

カラー:シルバー、ゴールド、スペースグレイ

特徴まとめ
iPad Pro専用だったApple Pencilが使えるようになり、性能が向上しつつも若干安くなった。日本はお値段据え置き

Proを持っていなくてApple Pencil目当てなら即買い。そうでなくても確実に性能が良くなっているのでサクサク作業がしたい人におすすめ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング

にほんブログ村
記事検索
スポンサーリンク
ギャラリー
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
  • 【レビュー】コイルが3つもある!「WARMQ Qi急速ワイヤレス充電器」
amazonアソシエイト